医学生・研修医のみなさま

研修希望の方へ

高知大学医学部附属病院で卒後臨床研修を希望される方へ

高知大学医学部附属病院におけるスーパーローテート研修は、高知大学医学部附属病院研修プログラムのホームページをご覧ください。 「卒後臨床研修センターへ」

附属病院小児科での初期研修について

初期研修では1年目の内科(6ヵ月以上)、麻酔科・救急(3ヵ月以上)と2年目の地域医療(1ヵ月以上)が必修となります。また、外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科のうち2つ以上が選択必修となります。
小児科を重点的に研修する場合は小児科と産婦人科を選択するパターン(下記:推奨パターンI)や小児科、産婦人科とその他の科を選択するパターン(下記:推奨パターンII)をお勧めします。必修科目・選択必修科目の研修期間や研修時期は希望により変更可能です。また、小児科の研修施設は大学病院を原則としますが、高知県・高知市病院企業団立高知医療センター、独立行政法人国立病院機構高知病院、高知県立幡多けんみん病院、高知県立あき総合病院でも可能です。通常の研修で、小児科を選択する場合(下記:推奨パターンIII;基本型)の研修期間は原則として1ヵ月間で、研修の時期は自由です。
ローテートの詳細については相談のうえ検討し、充実した初期研修が行なえるよう配慮したいと考えています。

初期研修小児科ローテート推奨パターン(2年間スケジュール)

高知大学医学部小児思春期医学教室の基本方針

当教室では約10年間を目標として、日本小児科学会専門医、各分科会(専門学会)の専門医、学位が取得できるプログラムに取組んでいます。

小児科医を目指すには、まず、初期研修が始まる時点で、日本小児科学会に入会することをお勧めします。なぜなら、入会5年以降に日本小児科学会専門医の取得が可能となるからです。

初期研修終了後の後期研修は附属病院または関連病院で行います。この期間に一般小児科医として日本小児科学会専門医を取得するために研鑽することはいうまでもありませんが、さらに将来自分が深く追求したい専門分野を。日本小児科学会専門医を取得した後、研修指定病院で一定期間経験を積めば、日本血液学会専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、臨床腫瘍医・小児がん専門医、日本小児循環器学会専門医、日本小児神経学会専門医、日本周産期新生児医学会専門医などの専門医を取得することができます。
研究面では初期研修後に大学院に入学するコース(一般入学)も選択可能です。また、臨床を継続し、研究に従事できるコース(社会人入学)も可能です。
一定期間臨床を行い、途中から大学院(一般入学)を希望する場合も想定しています。臨床だけではなく研究も行えるよう、相談に応じます。 最終的には、個々の希望に応じて、大学や関連病院で診療・研究ができる体制、国内外に留学し、より高度な医療を研鑽できるような体制を整えています。
附属病院または関連病院に後期研修医として勤務する場合には、以下の特色があります。

  • ①一般小児科から各専門領域まで、全ての小児疾患を経験することができます。
  • ②1次から3次まで、すべての小児救急医療を経験することができます。
  • ③各専門領域(感染症、血液・悪性疾患、神経疾患、アレルギー疾患、心疾患、新生児、腎・泌尿器疾患、内分泌代謝疾患、児童心理)の指導医と相談しながら質の高い疾患を経験できます。小児科専門医の習得だけでなく、専門領域の決定に対しても助言、指導します。
  • ④選択した専門領域の研究や臨床研修(国内有数の専門施設を含む)あるいは海外留学などを大学を通して推薦できます。
  • ⑤学位取得を目標とした大学院進学は、どの時期でも可能です。適宜、ご相談ください。

高知大学医学部附属病院以外で卒後臨床研修される方へ

附属病院小児科に研修医として勤務することを基本としていますが、附属病院以外の関連施設で研修医として勤務しながら、あるいは後期研修終了後に教室員として参加することも可能です。 卒後どの時点からでも、いつでも受け入れ可能ですので、気軽にご相談ください。

  • ①多数の施設で学ぶことで、より多くの症例を短期間で診療・経験できます。
  • ②関連病院にいる場合でも、附属病院にいる専門医のコンサルトを容易に、時間差なしに意見をきくことができます。定期的に行っている病院間の症例検討にも参加できるため、より効率よく、専門的な判断や意見を聞くことができます。
  • ③大学院に進学するための手続きが容易で、かつ、いつでも可能です。
  • ④初期研修で選択した病院では、ポストがなく、後期研修先を自分で見つけなくてなりません。一番の問題は、医療問題が生じた時、附属病院および関連病院では、医師を保護するための手段を持ち合わせており、病院長および上司が研修医を守ってくれます。

高知大学医学部小児思春期医学関連施設

高知県内

  • 独立行政法人国立病院機構高知病院小児科小児アレルギー科
  • 高知医療センター小児科
  • 高知県立幡多けんみん病院小児科
  • 高知県立あき総合病院小児科
  • 細木病院小児科
  • 田野病院小児科
  • 早明浦病院小児科
  • 野市中央病院小児科
  • 三愛病院
  • 南病院
  • 大西病院小児科
  • くぼかわ病院
  • 木俵病院小児科
  • 渭南病院小児科
  • 土佐希望の家

県外

  • 三豊総合病院小児科
  • 国立循環器病センター小児科
  • 国立成育医療研究センターアレルギー科
  • 小児総合医療センター
  • 東京女子医科大学腎臓病総合センター小児科
  • 国保旭中央病院小児・新生児科
  • 久留米医療センター小児科
  • 国立がんセンター小児科

高知大学医学部小児思春期医学で取得できる専門医

以下の専門医の習得が可能です。

  • 日本小児科学会小児専門医
  • 日本血液学会専門医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 臨床腫瘍医・小児がん専門医
  • 日本小児循環器学会専門医
  • 日本小児神経学会専門医
  • 日本周産期新生児医学会専門医