本文へスキップ

高知大学医学部外科学(外科2)講座のホームページです。

TEL 088-880-2375 FAX 088-880-2376

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮 研究棟4F

こんな症状がある時はどうしたら良い?Symptom

■歩くと足が痛む
 「長く歩いたり坂を上ったりするとふくらはぎや太ももが痛んで歩けなくなる」「少し休むとまた歩けるようになる」という症状が出てきたら,血管の病気か脊椎の病気が考えられます.
 血管の病気では,
『閉塞性動脈硬化症』をチェックする必要があります.足の血行が悪くなるために筋肉が酸欠になり痛みが出ます.平地は大丈夫だが坂で症状が出る,平地でも100mくらいで痛む,歩かなくても痛むなど程度は人によりさまざまですが,ひどくなると足を切断しなければならなくなる人もありますので,早めに血管外科で相談してください.
 この症状は
脊椎からくることもあります.脊髄から足に行く神経が脊椎のあたりで圧迫されて起こる症状です.専門は整形外科です.
 これらをある程度見分ける方法があります.足の外側が痛むが内側は痛くない,というような人は神経から来る痛みの可能性が高く,ふくらはぎが痛むが太ももは大丈夫というように足の上下で痛みが異なる人は血管から来る痛みが考えられます.先にどちらを受診するかを決めるときに参考になさってください

■足が冷える
 足が冷えるという人は少なくありませんが,その中で治療の必要な閉塞性動脈硬化症の人があります.冷えると感じても,手で触ってぽかぽか温かいなら,また色がピンク色ならまず心配ないでしょう.確認するには,足の脈を確認します.足の甲あるいはうちくるぶしの後ろでしっかりと脈が触れるようなら大丈夫でしょう.もし,脈が触れない,実際に冷たい,色が青白い,という場合には,閉塞性動脈硬化症の可能性があるので心臓血管外科,循環器内科で相談しましょう.あまり待たない方がいいでしょう.
 血行がいいのに足が冷える場合には神経的な症状のことがあります.腰を痛めた経験がある人では
脊椎が原因のことがありますので一度整形外科で相談されるのがいいでしょう.

■足が腫れる,顔が腫れる
 これらは心不全のときに表れることがあります.足の向こうずねのところを指で押さえると引っ込む,あるいは靴下が食い込んだような跡がつく朝起きたときに顔が腫れて目が細くなっているなどの症状があるときには,一度心臓のチェックが必要です.腫れは心不全だけでなくタンパク質が低下する病気(肝臓病や腎臓病)でも起こることがあるので一度内科で総合チェックをしてもらうのがよいでしょう.水分をとりすぎている人はそれが原因のこともあります.

■原因不明の微熱が続く
 原因不明のまま37℃台の発熱がそのままになっている人があります.心臓の病気でこのような症状を起こし,早めの治療が必要なのは『感染性心内膜炎』です.弁膜に感染を起こし,弁膜の表面に細菌が住み着いてそこから全身に細菌がばらまかれる病気ですが,決して稀な病気ではありません.
 診断には,血液の培養と心エコーが決めてとなります.発見が遅れると,ひどい心不全になったり脳梗塞,脳出血などの重症な病気の原因となることがある変わった病気です.きちんとした診断が大切です.
 原因や誘因となるのは,歯周病,先天性の心臓病(手術なしに経過観察されている方),ステロイドの服用などです.この病気を起こしてくる方はその一部ですが,発見が遅れると後遺症を残したり,命が危なくなることもあるので要注意です
 

■声がかすれる
 声のかすれがどうして心臓や血管の病気に関係あるんだといぶかる方もあるでしょうが,声のかすれの原因が胸部大動脈瘤のことがあります.実際,その原因を調べているうちに大動脈瘤が発見されて一命を取り留めた方も多いのです.
 声を出す器官である声帯にいく神経は大動脈をぐるっと回りこんでから声帯に届くため,大動脈が大きくなるとこの神経が引き延ばされるため声帯の動きが落ちて声がかすれるのです.耳鼻科で声帯の動きの異常から大動脈瘤を疑われて,検査に回ってこられる方があります.
 声がかすれるほどの大きさの大動脈瘤は胸部レントゲンでも見分けがつきますし,そんなに急に大動脈が大きくなることは少ないので,
ふだんからレントゲンを定期的に撮っていれば早めに発見できます. 

■みぞおちの鈍い痛み,張った感じ
 こんな症状があると,おそらく胃腸の病気を考えられるでしょうが,これが狭心症うっ血性心不全の症状だったということもあります.実は,心臓の下面は胃と数cmも離れていませんから,みぞおちの痛みだと感じることもあるわけです.うっ血性心不全では肝臓や内臓が腫れて張った感じが続くことがあります.
 胃腸科で胃や腹部のその他の内臓に症状を説明できるだけの異常がない場合には,一度心臓を調べておく必要があります.循環器内科にご相談ください.受診のときには,
     
いつ頃から症状があるか
     ひどくなったり軽くなったりするか
     足は腫れないか
     体重が増えていないか

などについてまとめておいてください.
 

■めまいがする,倒れたり失神する
 めまいや失神の原因には,心臓病(特に不整脈),脳循環障害,内耳の病気,てんかんなどさまざまなものがあります.症状や経過からだけでは確定診断はできません.自動車の運転中に起こると,自分のみならず他人も巻き込む事故のもとになるため,症状があるなら運転は控えるべきです.また弱い症状から徐々に症状がひどくなるような経過を期待される人が多いのですが,いきなり倒れたりという大きな症状になることもあるので,早めにチェックが必要です.
 まず循環器内科,脳神経内科・外科,耳鼻咽喉科などで検査が必要でしょう.ひとつの科に相談すれば,可能性のある他の科にも紹介していただけるでしょう.受診の際には,
     
・症状がいつ頃からあるか
     ・だんだんひどくなるか
     ・頻繁にあるのか
     ・吐き気や嘔吐がいっしょに起こるか
     ・めまいは目の前が揺れるのか回るのか
     ・起こるきっかけがあるか(急に立ち上がる,振り返るなど)

などをまとめておいてください
 

■動悸がする,脈が飛ぶ
 胸の中がどきどきしたり,脈が飛んだりするような症状があるときには不整脈がある可能性があります.不整脈かどうかは自分で確認できます.手首のところで自分の脈拍を触れてみます.ふだんから触れる練習をしておいて,動悸がするときに脈が規則正しく打っているかをチェックします.もし,脈が落ちたりふれ方が1拍〜数泊弱くなるようだったり,急にトクトクと速くなるようだったら,不整脈でしょう.胸の中で急にググッとくるような感じで不整脈を自覚する人もあります.
 不整脈には危険なものとあまり危険でないものがあります.見分けるには医師の診断が必要です.循環器内科で相談しましょう.不整脈が起こるときは,その背後に病気が潜んでいる可能性もあるので,そのための評価が必要です.受診のときには,
     
続く時間(数秒で収まるか,数時間以上続くか)
     症状が現れるきっかけがあるか
     症状が収まるようなタイミングがあるか(冷水を飲むなど)
     家族や血縁の中にポックリ亡くなった方があるか

などの情報をまとめておきましょう
 

■胸が重くなる,痛くなる
 胸が締め付けられるような感じを覚えるときに一番怖い病気は,狭心症大動脈弁狭窄症です.走ったり階段を上がったりするときに症状が現れるときにはこれらをチェックしておくことが大切です.安静にしているときにもこのような症状が出る『安静時狭心症』の可能性もあります.不整脈が起こるときにこのような症状が起こることもあります.一方,食道に原因があることもあります.
 まず循環器内科で狭心症のチェックをしていただくのがよいでしょう.受診をためらっている間に心筋梗塞になってしまう人もありますから早めに受診されるのがいいでしょう.心筋梗塞は,予告なくやってきます.またその程度によっては待ったなしの緊急入院,手術が必要となることもありますので,症状が強くなるのを待つ意味はありません.心臓が異常なければ,消化器内科,総合診療科などでご相談ください.受診されるときには,
     
症状が起こるきっかけがあるか(運動,精神的な負担など
     どれくらいの時間続くか

などをまとめておいてください
 

■息が切れる,息苦しい
 歩いたり,走ったり,階段を上ったりすると息が切れたり息苦しくなったりするときにまず心配しなければならないのは,肺の病気と心臓の病気です.治療が遅れると重症になったりすることがあるからです.
 心臓では心不全の可能性があります.心不全の原因には,心筋梗塞や弁膜症,心筋症などいろいろなものがあり,それぞれ治療が異なりますが,まず心不全でないかどうかを確認しておくことが大切です.レントゲンや心エコーで確認できます.内科,とくに循環器科(循環器内科)で相談されるのがいいでしょう.身体を動かしたときや精神的なストレスがかかったとき決まって症状があるようなら早めに相談をしましょう.
 肺の病気には,肺気腫や肺癌などいろいろな病気があります.レントゲンやCTなどで確認できますので,呼吸器内科を標榜する医院,病院を受診されるのがいいでしょう.
 いずれも異常なしと判断されても苦しくなるからにはその原因はあるはずです.こんなときに頼りになるのは総合診療科です.広い視点,心身両面からの判断に長けています. 受診のときには,
     
いつ頃から症状があるか
     どれくらいでしんどくなるか
     動くと決まって症状が出るか
     症状がでないときもあるか
     何かきっかけがあるか
などをまとめておかれるとよいしょう

■症状が大切
 私たちが治療を行ってきた患者さんが,どのような症状をきっかけに病院を受診し,病気の診断がつき治療に至ったかという視点から見てみましょう.これまでの経験から,ちょっとした症状から早く診断を付けて治療をすることが大切だということを何度も経験してきました.ここに挙げた症状がある人の中には手術が必要になる病気が潜んでいることがあります.
 症状が現れるには必ずその原因があります.原因の中には急いで治療をする必要があるものからそのまま放っておいてよいものまでありますが,その見極めが大切です.
 さて,自覚症状があるとき,どの科に受診したらいいのか,どのようなことを医師に伝えたらいいのかも大切な点です.症状があっても治療を必ずしも必要としないものもあります.本当に病気かそうでないのかを見分ける方法についても説明します.ある程度は自分で判断し,適切に病院を訪れ,きっちりと診断をしてもらってください.
 病院に受診するときには,次のような情報があるといいでしょう.
     
定期検診のデータ
     現在飲んでいる薬
     継続して治療している病気
     過去にかかった大きな病気
     アレルギーなど
わかる範囲でまとめておいてください.薬局などでお薬手帳を発行してくれるところが多いですが,これといっしょに上の情報を書き留めておくといいでしょう.正しい診断のために大切な情報ばかりです. 

■症状のまったくない病気
 ここでは,典型的な症状をいくつか紹介しましたが,心臓や血管の病気にはあまりたいした症状もないのに急に大きな病気が発症することがあります.「症状がはっきりでない」,「前兆がない」というのは心臓血管の病気の特徴であり,もっとも怖いところです.そんなことを言うのは身も蓋もないといわれそうですが,症状がないままに進行する心臓の病気はほとんど決まっています.その中には早期発見する手段があるものと,前兆なしにいきなり発症するものなどいずれもあります.
 症状がないままに進行する病気の代表は,
大動脈瘤です.胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤がありますが,それぞれ胸部レントゲン,腹部エコーで偶然発見される可能性があります.いずれも何らかの理由でCTを撮るときに胸部〜腹部を含めてCTをとれば,まず見逃すことはありません.
 前兆もなく突然発症する病気の代表は
大動脈解離,心筋梗塞,肺塞栓です.いずれも予防することが最も大切です.また,動脈塞栓症も突然起こります.それぞれの項を参照ください.
 
循環器の病気は,症状があってから病院に行くのでは間に合わないことが多いということをご承知いただきたいと思います.

目次へ戻る






高知大学医学部外科2講座
ビルダークリニック

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
TEL 088-880-2375 FAX 088-880-2376
E-mail: im32@kochi-u.ac.jp