本文へスキップ

高知大学医学部外科学(外科2)講座のホームページです。

TEL 088-880-2375 FAX 088-880-2376

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮 研究棟4F

形成外科Plastic and Reconstructive Surgery

頭頚部再建・乳房再建・重症虚血肢などの拠点病院として診療しています


 平成19年より高知大学医学部附属病院に形成外科が新設され、診療活動を開始しました。高知県下には形成外科医師数はまだまだ不足しており、診療のみならず、医学生への教育活動、基礎研究活動などにも力を入れています。

 顕微鏡下に微小血管を吻合するなどの高度な技術を使用して、頭頚部癌術後の再建、乳がん術後の乳房再建、重症下肢虚血による壊疽、皮膚癌・軟部組織悪性腫瘍術後の再建などを手がけています。





形成外科とは・・・                        

 形成外科は1970年代に医療法上診療科として認められた、比較的新しい診療科です。主に、外観の変化(色・形・質感・機能など)を正常に近づけることで、ご本人の日常生活の質(quality of life)の向上を目的としています。頭からつま先までのすべての形態異常を対象としている非常に守備範囲の広い診療科です。



高知大学医学部附属病院の「形成外科」           

 平成19年に高知大学医学部附属病院の外科の1部門として誕生した形成外科ですが、平成25年12月1日付で、独立診療科「形成外科」となりました。
 受診を希望される方は、「外科」ではなく「形成外科」の受診となります。また、ご紹介頂きます近隣医療機関の先生方も、「形成外科」宛てに紹介状をお渡しくださいますよう、よろしくお願いいたします。
 診療日、診療時間については以前と変わらず、以下の通りです。
【診療日時】
月曜日 休診(手術日)
火曜日 09:30-12:00 形成外科全般(新患・再診) 担当:栗山・久保
水曜日 14:30-17:00 乳房形成・再建(要予約)  担当:栗山・久保
木曜日 10:00-12:00 形成外科全般(新患・再診) 担当:吉田・矢野
金曜日 休診(手術日)



主な対象疾患                   

頭頚部再建
上顎癌・下顎癌・咽頭癌・舌癌・歯肉癌など耳鼻咽喉科や歯科口腔外科領域の悪性腫瘍を切除した場合、摂食・構音・表情などの機能的な障害のみならず、容姿も大きく変化します。外科的な技術により、機能回復のみならず外観の改善を図り、患者さまの術後の社会復帰を支援しています。


乳房再建
乳癌は近年急速に罹患率が増加しており、日本人女性の死亡原因としては、大腸癌・肺癌・胃癌に続いて第4位となっています。しかし、早期発見により根治がえれらる癌でもあり、切除された乳房を再建して、より快適な生活送りたい・楽しみたいと言う希望が叶えられるようになりました。当院では、よりドナーの犠牲が少ない腹部遊離皮弁(DIEP皮弁・muscle sparing TRAM皮弁など)や広背筋皮弁による自家組織移植での乳房再建のほか、ティッシュ・エキスパンダーやインプラント(人工乳房)を使用した乳房再建も行っています。また、平成25年よりインプラントによる乳房再建も健康保険が適応できるようになり、ますます治療が受けやすくなりました。また、脂肪吸引・注入移植による乳房の再建や、医療用刺青(自費)による乳輪乳頭再建も行っています。


重症下肢虚血
食生活の欧米化や高齢化に伴い、動脈硬化や糖尿病に起因する足の虚血による疼痛や壊疽の罹患が増加しています。特に高知県は高齢化率高く、また専門家も少ないことから重症の足壊疽が多く見受けられます。当科では、循環器内科・内分泌内科・心臓血管外科と連携して、原因となる動脈硬化や糖尿病の治療を進めるとともに、なるべく足を救済して歩行して自立した生活が送れるように支援しています。骨髄幹細胞移植などによる血管再生療法も行っています。


顔面神経麻痺
ベル麻痺や耳下腺手術などにより生じた顔面神経麻痺に対して、外観の改善のみならず、眼瞼の運動や口の運動などの機能的再建を図ることで、患者さまの生活の質の向上に努めています。主に耳鼻咽喉科と連携しながら治療を行っています。


眼瞼下垂症
コンタクトレンズの長期使用、花粉症やアレルギーによる眼をこする動作、白内障などの眼科手術後、加齢などが原因でまぶたが重く感じたり、頭痛や肩こりがひどくなるなどの症状を起こすことがあります。重症の場合は、まぶたが持ち上げられなくなり、視野が狭くなることがあります。顎を上げてテレビを見る、眉毛を上げることでまぶたを持ち上げようとするのでおでこに深い皺がある、頭痛や肩こりがひどいなどの症状の方は、眼瞼下垂かもしれません。機能的回復とともに外観も美しくすることができます。


皮膚癌・悪性軟部組織腫瘍術後の再建
皮膚癌や悪性軟部組織腫瘍により皮膚や筋肉が切除されると、機能的な問題のみならず外観が大きく変化します。皮膚移植術・皮弁作成術・顕微鏡下手術による遊離組織移植術などの技術により、それらの改善を図り、患者さまの社会生活への復帰を支援しています。また
顔面の陷凹などの変形に対しては、脂肪吸引・注入移植も行っております。


漏斗胸・鳩胸
先天性に胸骨や肋軟骨の変形が生じて、成長と共に胸の中央部が陷凹(漏斗胸)あるいは突出(鳩胸)変形することで、心臓は肺を圧迫して循環障害や呼吸障害を生じることがあります。また大きな障害はなくても、外観が悪い、風邪をひきやすい、食が細くて痩せている、マラソンなどが苦手などの生活上の障害が出ることが多くあります。漏斗胸はNuss法により治療を行っています。鳩胸の治療も行っています。

顔面骨骨折
スポーツや交通事故などで顔面の骨折を生じた場合は、早期に骨の位置を元に戻して機能・外観を回復する必要があります。形成外科では、切開線を目立たない部位に置いたり、傷が目立たないように縫合することで外観も重視した治療を行っています。通常は2週間以内の手術が必要になることが多いため受傷後はなるべく早く受診してください。また、以前に骨折して変形したまま治癒してしまった顔面骨も、手術により改善させることができます。


瘢痕拘縮 ケロイド
事故やけが、手術によるキズアトの突っ張り、ケロイドなどの治療を行っています。内腹や特殊なテープなどを使用した保存的治療、ステロイド注射、手術、電子線治療など集学的な治療を行っています。


その他

  • ホクロ・粉瘤・脂肪腫などの皮膚・皮下良性腫瘍
  • 腋臭症(わきが)
  • 嵌入爪・わん曲爪などの爪の病気
  • ヘルニア(デベソ:臍ヘルニア、腹部のキズアトからの脱腸:腹壁瘢痕ヘルニアなど)
  • 陥没乳頭・副乳などの乳房の形態異常
  • 副耳・耳瘻孔・小耳症などの耳介の先天形態異常
  • リンパ浮腫(先天性、乳癌・婦人科手術後など)
  • 美容外科相談(セカンドオピニオン)
  • 形成外科治療全般についてのセカンドオピニオン

上記のように、形成外科では体表に見える形・色・質感などの変化について広く診療を行っています。

詳しくは、日本形成外科学会のホームページもご参照ください。


Staff                   

栗山 元根(Motone Kuriyama)

役職:形成外科診療科長、講師
千葉大学医学部出身(平成9年卒)
医学博士(千葉大学大学院卒)
日本形成外科学会専門医
臨床研修指導医
乳房再建エクスパンダー・インプラント責任医師
高知大学医学部附属病院 褥瘡対策委員会 委員長
中国四国形成外科学会 評議員

【専門】頭頚部再建、乳房再建、顔面神経麻痺、眼瞼下垂症、形成外科全般
【所属学会】日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本頭頸部癌学会、日本乳癌学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本マイクロサージャリー学会、日本創傷外科学会、国際形成外科学会

【特徴】前頭部が薄くなってきたので代わりに髭が生えている、腰痛持ち


吉田 行貴(Yukitaka Yoshida)

役職:形成外科副診療科長、助教(手術部)
千葉大学医学部出身(平成14年卒)
日本形成外科学会専門医

【専門】頭頸部再建、重症下肢虚血、皮膚潰瘍、形成外科全般
【所属学会】日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本頭頸部癌学会、日本乳癌学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本マイクロサージャリー学会、国際形成外科学会

【特徴】マラソン部部長、車好き、再建手術が大好物、冬でも半袖短パン


岩井 奈都子(Natsuko Iwai)

千葉大学医学部出身(平成16卒)
日本形成外科学会専門医
乳房再建エクスパンダー・インプラント責任医師

【専門】乳房再建
【所属学会】日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本頭頸部癌学会、日本乳癌学会、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会、日本マイクロサージャリー学会、国際形成外科学会



矢野 晶子(Akiko Yano

役職:特任助教
高知大学医学部出身(平成22年卒)
日本形成外科学会会員、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会会員
高知大学医学部大学院生

【専門】形成外科一般

【特徴】高知生まれ高知育ちで高知大好き、マッチョも好き


島内 香江(Kae Shimanouchi

川崎医科大学出身(平成23年卒)
日本形成外科学会会員

【特徴】お酒とカラオケと馬が大好き、何事も全力投球

千葉大学 出向中


田中 浩史郎(Koushirou Tanaka

高知大学出身(平成29年卒)

【特徴】スローライフ大好き






高知大学医学部外科2講座
ビルダークリニック

〒783-8505 高知県南国市岡豊町小蓮
TEL 088-880-2375 FAX 088-880-2376
E-mail: im32@kochi-u.ac.jp