教室紹介About Us

ENGLISH

沿革と概要

血液内科学講座は、内科学の一部門として1981年4月に開設された血液・呼吸器内科学講座(第三内科)を起源とします。初代教授である三好勇夫先生は、現在成人T細胞性白血病(ATL)として知られる白血病細胞の新培養法を考案、世界初のATL細胞株を樹立し、HTLV-Iウイルス発見に道を開きました。2019年6月より、第三内科は血液内科学講座と呼吸器・アレルギー内科学講座という2つの講座となり、急速に高度化する医学・医療に対応しております。小島研介教授が主宰する血液内科学講座では、最先端の医学エビデンスに基づき、遺伝子異常・分子生物学などの基礎医学的知識を、これら異常をバイオマーカーとした分子標的治療や造血幹細胞移植などの治療介入レベルまで結びつけ、総合内科医としての幅広い知識と、深い専門性に基づいた確かな技術で、診療を実践する医師を育成しています。米国最大のがん研究・治療拠点であるテキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター・白血病科とのネットワークをもち、国内外の研究者と積極的に交流し、造血器腫瘍に対する新規分子標的治療研究を進めるとともに、日本人若手医師、研究者の海外留学のサポートをおこなっています。ビジョンをもった器の大きい科学的臨床医が、日本の次世代を背負い、そして新しいマイルストーンを打ち立ててゆくことをサポートし、血液内科学講座内においては、知識と経験、技と心を共有し、穏やかに安心して働くことができる母港でありたいと思います。国内においても、高知県内外の一流の医療施設と柔軟に人材交流が可能です。
1981年
高知医科大学 血液・呼吸器内科学講座(第三内科)開設
1982年
初代 三好勇夫教授就任
1998年
第二代 田口博國教授就任
2007年
第三代 横山彰仁教授就任
2018年
高知大学医学部 血液内科学講座開設
初代 小島研介教授就任
  • 旧第三内科の写真
  • 旧第三内科(1994年)
  • 三好勇夫名誉教授と小島研介教授の写真
  • 三好勇夫名誉教授と小島研介教授
  • 血液内科発足時の写真
  • 血液内科発足時(2019年)

.

研究と理念

当科では血液疾患の基礎・臨床研究によって、原因、病態の究明から治療法の改良・開発まで、一連のシークエンスとして血液疾患を理解したいと考えています。非臨床研究では、現在の医学レベルでは治癒が容易でない造血器腫瘍を治癒せしめるような、新たな分子標的治療戦略の確立を目指しています。具体的には、造血器腫瘍で機能的に破綻しているp53経路を主たる標的として、これの再活性化あるいはバイパス治療戦略を検証し、欧米の一流医学誌に報告してきました。診療においては、JALSGなどの多施設共同研究に参加するなど、臨床研究にも積極的に参画しております。科学的臨床医が、実地診療において「患者に学ぶ」ということは、互いに人格をもった人間同士の触れ合いを、医師としての人格形成に資するのみならず、医師が研鑽を積みつつ、具体的な形を残して医学の進歩に貢献することだと考えます。後者を実践するエビデンスとしての症例報告は、臨床教室においては非常に重要な価値をもつものと考えており、継続的に英文誌へ報告いたしております。

.

In 2019, the Department of Hematology is newly established within the Kochi University, as a dynamic center for patient care, basic and translational research, and teaching in the field of benign and malignant hematology. The Department of Hematology is led by professor Kensuke Kojima, who is a respected hematologist and a pioneer in bench-to-bedside translation of novel cancer therapeutics primarily targeting p53 signaling. His research papers have been cited in > 1,000 papers, mainly in the field of cancer therapeutics, suggesting a critical impact on translational research in hematology/oncology. Professor Kojima believes that case reports should add valuable information to our medical knowledge in the current era of evidence-based practice, and has continuously encouraged young physicians to write academic papers, leading to > 50 published case reports. Since productive opportunities in hematology require engagement in collaborative global investigation, we are working with world-class universities and hospitals, especially with the University of Texas MD Anderson Cancer Center.
Our department originates from the third Department of Internal Medicine, which was founded in 1981. The first professor Isao Miyoshi is one of the highly respected researchers on Human T-cell leukemia virus type I (HTLV-I), which is now established as a causative agent of adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL). The linkage between ATL and HTLV-I was proven by Dr. Miyoshi and his colleagues, demonstrating the presence of an antibody against HTLV-I in patient sera. Professors Hirokuni Taguchi and Akihito Yokoyama succeeded Professor Isao Miyoshi as chairs, growing the academic department.
We continue to pursue our mission to provide state-of-the-art patient care and comprehensive education to students, trainees and hematologists through medical research, with perseverance and vigor.

HOME > 教室紹介

PC版を見る

スマートフォン版を見る

PAGE TOP