本文へスキップ

高知大学医学部附属病院 DPCデータによる病院指標

DPCデータによる病院指標

はじめに
 病院指標公開は、全国共通で作成されているDPCデータを集計して、皆様に当院の特徴や急性期医療の現状の理解を深めていただくことを目的としています。さらに、当院の種々の指標について、分析・評価を重ね医療の質の改善と向上に取り組んでいきます。
 
     

  
@ DPCデータとは
 DPC/PDPSの対象病院は、退院患者の病態や実施した医療行為の内容を標準化されたデータ形式で厚生労働省に提出をしています。このデータをDPCデータといいます。

A DPCデータによる病院指標とは
 上述のDPCデータを用い全国統一で同じ定義と様式に基づいて作成された評価指標のことをいいます。

B集計方法(歯科口腔外科の患者は含まない)
 ・集計期間:毎年度(4月1日から3月31日)の退院患者
 ・対象者:一般病棟に入院した医科保険適用患者(精神科病棟は含まない)
    集計対象外:入院後24時間以内の死亡、生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植
 ・患者数:10未満の数値の場合は、「−」ハイフンを記入

DPCについてもっと詳しくみる・・・

DPC病院指標

  1. 平成27年度
  2. 平成28年度

高知大学医学部附属病院

〒783-8505
高知県南国市岡豊町小蓮185-1
TEL.088-866-5811