本文へスキップ

クリニカルパス





クリニカルパスとは

  • クリニカルパスとは、ある治療や検査で受ける診療内容のすべてを時間の経過に沿って記載した予定表のことです。 多くは入院から退院までの全日程について書かれていますが、ユニットパスといって例えばひとつの処置や検査に関わる入院生活の一部分だけを取り出したものもあります。 クリニカルパスは患者さんの診療に関わるいろいろな職種のひとが相談して作ったものですから、医師が関わる治療や検査などの診療内容のみではなく、 「いつから食事ができるか」、「いつから入浴できるか」などの入院中の具体的な生活についても書かれています。

患者用クリニカルパスの意義

  • 医療スタッフが使用するクリニカルパスを元にわかりやすく患者用クリニカルパスを作り、患者さんにお渡しすることで入院中の予定をよく知っていただき、いつ何が行われるかわからないといった不安を少しでも軽減すること、ご自身の症状や診療について医療スタッフに質問しやすい環境を作ることをめざしています。

クリニカルパスの公開について

  • 私たち高知大学医学部附属病院でも患者さんにわかりやすい医療を提供することを目標に医療スタッフがクリニカルパスを作っています。 まだ、対象となる病気も少なく十分なものとはいえませんが、一般の方たちに私たちの施設で行われている診療内容について少しでも知っていただきたいと思い、ホームページでの公開を行っています。

NEWS新着情報

2019年06月20日
ホームページをリニューアルしました。
2019年12月16日
ホームページを更新しました。
2020年1月27日
新規患者用パスを追加しました。
老年病・循環器内科:アブレーション手術 心房細動以外(通常用)
2020年4月7日
新規患者用パスを追加しました。
 ・呼吸器・アレルギー内科
 ・放射線科
 ・消化器外科
 ・眼科
 ・脳神経外科