トピックス

新入局医師のご紹介

2019年4月1日、新たに4名もの活力に溢れる先生方が、我々泌尿器科学講座に入局いたしました!
今後、ご指導ご鞭撻をお願いするとともに、これからの4名の活躍を温かく見守って頂ければ幸いです。
一昨年入局の芝 佑平先生、昨年入局の太田雄飛先生、竹森大悟先生ともども、ご高配を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

石黒 基純 (いしぐろ もとよし)

はじめまして。この度、高知大学医学部泌尿器科学講座に入局させて頂きました。出身は高知市です。高知大学医学部を卒業後、独立行政法人国立病院機構高知病院で臨床研修医として初期研修を修了致しました。今後は、泌尿器科医として地域医療の一端を担えるよう日々精進して参ります。よろしくお願い致します。

重久 立 (しげひさ りゅう)

私は、神奈川生まれ、鹿児島育ちです。
高知大学医学部を卒業し初期臨床研修をあき総合病院で行いました。学生時代に熱心にお誘いいただいたこともあり、泌尿器科の世界に興味を持つようになり入局に至りました。泌尿器科は診断から治療まで自科で完結できる点がとても魅力的と感じています。検査手技や手術手法などが多岐に渡るため学ぶことは多いですが、少しずつ自分に出来ることを増やしていきたいと思っています。

安宅 香弥 (あたぎ かや)

平成31年4月から 高知大学医学部泌尿器科学講座に入局となりました安宅香弥です。徳島県出身です。将来は女性の泌尿器疾患や小児泌尿器疾患を専門としたいと考えております。昨今、メディアでも女性の泌尿器疾患が注目されておりますが、羞恥心から躊躇されている方は多いと思われます。そういった症状でお困りの方の少しでも力になれるように日々精進して参りますので、是非御指導とご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

小林 修 (こばやし しゅう)

出身は群馬県。高知大学を卒業し今春より同大学泌尿器科学講座でお世話になっています。大学時代の6年間は高知の皆様の温かさに支えられ、大変充実したものとなりました。大学卒業を機に、高知の皆様に何か少しでも恩返しが出来ないものかと考え、高知を第二の故郷として医業にあたる決意をしました。今後は高知県民としての視点に立ち、患者様個々人を尊重した医療を提供できるよう精進して参ります。

2019年度新入局医師 集合写真

Facebook

ホーム講座紹介卒前教育卒後研修診 療研 究業 績医局員募集リンクお問い合わせ