トップページ > お知らせ

お知らせ一覧

2019年度

2019.04.01

新入局医師のご紹介

2019年4月1日、新たに4名もの活力に溢れる先生方が、我々泌尿器科学講座に入局いたしました!
今後、ご指導ご鞭撻をお願いするとともに、これからの4名の活躍を温かく見守って頂ければ幸いです。
一昨年入局の芝 佑平先生、昨年入局の太田雄飛先生、竹森大悟先生ともども、ご高配を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

石黒 基純 (いしぐろ もとよし)

はじめまして。この度、高知大学医学部泌尿器科学講座に入局させて頂きました。出身は高知市です。高知大学医学部を卒業後、独立行政法人国立病院機構高知病院で臨床研修医として初期研修を修了致しました。今後は、泌尿器科医として地域医療の一端を担えるよう日々精進して参ります。よろしくお願い致します。

重久 立 (しげひさ りゅう)

私は、神奈川生まれ、鹿児島育ちです。
高知大学医学部を卒業し初期臨床研修をあき総合病院で行いました。学生時代に熱心にお誘いいただいたこともあり、泌尿器科の世界に興味を持つようになり入局に至りました。泌尿器科は診断から治療まで自科で完結できる点がとても魅力的と感じています。検査手技や手術手法などが多岐に渡るため学ぶことは多いですが、少しずつ自分に出来ることを増やしていきたいと思っています。

安宅 香弥 (あたぎ かや)

平成31年4月から 高知大学医学部泌尿器科学講座に入局となりました安宅香弥です。徳島県出身です。将来は女性の泌尿器疾患や小児泌尿器疾患を専門としたいと考えております。昨今、メディアでも女性の泌尿器疾患が注目されておりますが、羞恥心から躊躇されている方は多いと思われます。そういった症状でお困りの方の少しでも力になれるように日々精進して参りますので、是非御指導とご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

小林 修 (こばやし しゅう)

出身は群馬県。高知大学を卒業し今春より同大学泌尿器科学講座でお世話になっています。大学時代の6年間は高知の皆様の温かさに支えられ、大変充実したものとなりました。大学卒業を機に、高知の皆様に何か少しでも恩返しが出来ないものかと考え、高知を第二の故郷として医業にあたる決意をしました。今後は高知県民としての視点に立ち、患者様個々人を尊重した医療を提供できるよう精進して参ります。

2019年度新入局医師 集合写真

2018年度

2018.04.17

新入局医師のご紹介

2018年4月1日より2名の医師が泌尿器科に入局いたしました。
これからの2人の活躍を期待しています!
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

太田 雄飛(おおた ゆうひ)

 私は、千葉県四街道市出身です。訳あって高校の3年間を高知市の土佐塾高校で過ごし、高知県の人々の温かさや環境に触れ、そのまま高知県民になりました。高知大学卒ではないので慣れない日々ですが、治療を待っている患者様のために自分のできることは何かを考えながら精進していきたいです。

竹森 大悟(たけもり だいご)

 私は、土佐中高等学校、高知大学医学部を経て、今春より高知大学医学部附属病院で勤務しております。多くのことを学び、少しでも皆様のお役に立てるよう精進して参ります。

2017年度

2017.11.13

膀胱がんに対する5-アミノレブリン酸 (5-ALA) による蛍光膀胱鏡を用いた光線力学診断 (PDD) (ALA-PDD)

 このたび、膀胱がんに対する5-アミノレブリン酸 (5-aminolevulinic acid (5-ALA)) を用いた光線力学診断 (photodynamic diagnosis (PDD)) (ALA-PDD) の有用性が実証され、保険適用になりました。

光線力学診断用剤「アラグリオ®顆粒剤分包1.5g」の製造販売承認取得のお知らせ.PDF(165KB)

 膀胱がんの手術の際に、これまでの内視鏡(カメラ)では確認することが困難であった小さながんや平坦ながんなどを、赤色に蛍光発光させることで、見落とすことなく、より適切に診断し、より確実に摘出することができます。今後、膀胱がんに対する内視鏡による手術の際に、この光線力学診断を用いることにより、手術後の膀胱がんの再発を減少させることが大いに期待されています。



光線力学診断の説明
 光線力学診断(PDD)とは、5-アミノレブリン酸 (5-ALA) という光感受性物質を体内に投与した後、蛍光内視鏡を用いて、がんなどの病変を蛍光発光させて観察する診断方法です。この光線力学診断で用いられる5-ALAは、36億年前より動物や植物に内在する天然アミノ酸であり、血色素(ヘモグロビン)や葉緑素(クロロフィル)として動植物のエネルギー産生に関わることより、生命の根源物質と呼ばれています。この5-ALAを内服すると、正常な細胞に比べてがん細胞に過剰に集まり、蛍光物質に変わるという現象が、膀胱がんだけでなく数多くのがんにおいて確認されています。さらに、このがん細胞に過剰に集まる蛍光物質は、青色の可視光を照射すると赤色に蛍光発光するために、がんの診断方法として臨床応用されるようになりました。つまり、光線力学診断は、がんに共通してみられるこの生物学的な基本的特性を利用した新しい診断技術といえます。
 現在、日本で、5-ALAを用いた光線力学診断は、膀胱がん以外、脳腫瘍(悪性神経膠腫)においても保険適応となっており、臨床で実施されています。さらに、高知大学医学部附属病院外科Ⅰでは、胃がんの腹膜播種に対しても薬事承認に向けた取り組みが実施されています。今後、他の癌に対しても広く応用されることで、がんに病悩する数多くの患者さんにとって大きな福音をもたらすことが大いに期待されます。

2017.05.17

医局員募集ページ内に研修医の声ページを公開しました。
医局員募集ページ内に見学・実習の案内ページを公開しました。

2017.04.01

小児泌尿器科外来 開設のおしらせ

 平成29年4月より高知大学医学部附属病院泌尿器科におきまして、小児泌尿器科の専門外来を開設いたします。
尿を作る腎臓、尿の通り道である尿管・膀胱・尿道、そして膀胱や陰茎などの内・外性器の異常でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談下さい。


時 間:月1回 (第一金曜 13:00-17:00)
担当医:澤田 耕治(幡多けんみん病院泌尿器科部長)
受診方法:完全予約制


*当院地域医療連携室を通じての予約をお願いします。

予約はFAXによる申込みのみです。
また申込時、診療情報提供書を添付していただくようお願いいたします。
■地域医療連携室(予約センター) TEL:088-880-2773 / FAX:088-880-2774

2017.04.01

新入局医師のご紹介

芝 佑平(しば ゆうへい)

 この度、高知大学医学部泌尿器科学講座に入局することになりました。
私は、平成27年に高知大学医学部を卒業し、4月1日より高知大学医学部附属病院で勤務しております。
1日も早く戦力になれるよう頑張っていく所存です。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2016年度

2016.12.21 卒前教育ページを公開しました。
腎癌に対する凍結療法ページを公開しました。
リンクページを更新しました。
高知大学医学部泌尿器科学講座 同門会役員を更新しました。
2016.08.23 2015年の学会発表を掲載しました。
2015年の論文発表を掲載しました。
高知さくらんぼの会ページを更新しました。
高知県泌尿器科会ページを更新しました。
2016.08.19 業績ページにて特許に関する情報を掲載しました。
2016.06.07 ホームページをリニューアルしました。
ホーム講座紹介卒前教育卒後研修診 療研 究業 績医局員募集リンクお問い合わせ