トップページ > 講座紹介

ご挨拶

高知大学医学部泌尿器科学講座にようこそ!

井上 啓史

 このたび、平成28年(2016年) 4月1日付けで高知大学医学部泌尿器科学講座教授を拝命致しました 井上啓史です。
 当講座は、昭和55年(1980年)に高知医科大学泌尿器科学教室として藤田幸利初代教授によって創設され、平成7年(1995年)に執印太郎先生が第2代教授に就任され、大きく発展してまいりました。私は、第3代目教授として、講座の伝統を引き継ぎ、優れた医療人を育成し、母校である高知大学、さらには泌尿器科学の発展を目指して、地域はもちろん、世界をも意識した教育、研究、診療に邁進していく所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

教育について

 教育、研究、診療、さらには社会貢献の根源は「人」であり、医療人の育成こそが、これら全テーマに通じる起点かつ目標だと考えます。
 まず、卒前、卒後教育ともに、人間性と倫理観の育成を教育理念とし、高度な知識と技術を、生涯に亘り探求、実践できる医療人を育成したいと考えます。一方、卒後教育では、研究教育や臨床研修に関して各自が望むキャリアパスの達成を目標に指導しています。
 次に、泌尿器科医の指導では、泌尿器科専門医・指導医の取得を基本に、腹腔鏡技術認定、癌治療認定など各自の望む専門的キャリアパス達成に向けて、日々コミュニケーションを密に交わし、何事も自ら率先し実践する姿勢を持ち続け、教室員全員が積極的に共助、併走する活気ある教育体制を構築したいと考えます。
 また、何より私は高知県、高知大学出身でありますので、地域愛、母校愛を教導すべく、常に多くの学生に直接ふれあい、自らが高知を支える志を育成しています。

研究について

 臨床課題をシーズ(種)とするトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)を指針に、常に地域と世界を見据え、最後まで成し遂げる強いリサーチマインドをもった研究活動、指導を心掛けています。医学研究の楽しさを学生や教室員の皆で共有し、優れた成果を世界に向け発信し、その成果を診療そして地域に還元することが最終目標です。
 また、より独創的な研究・開発の発想や確実な成果獲得のためには、学術連携体制が必要不可欠と考えます。学内、大学間、産学間、さらに国際連携もこれまで以上に拡充に努めたいと思います。

診療について

 全人的観点をもったエビデンス・ベースト・メディシン(科学的根拠に基づいた医療)を実践して、地域医療へ貢献することが責務だと考えます。
 外科系から内科系まで専門領域が多い泌尿器科は他科連携が不可欠です。これまでに構築された診療連携体制を踏襲させて頂くだけでなく今以上に連携を深め、1人の患者さんに対する医療を全人的、包括的に議論、実践できる診療体制を築きたいと考えます。
 また、医学部附属病院をネットワーク拠点とする地域医療連携体制の拡充は元より、県民や医療従事者への啓発活動をより積極的に推進し、東西横長の地理特性、少子高齢化、医師不足・偏在など地域医療の課題を克服したいと考えます。
 さらに、確実性の高い先進的医療技術を導入し取り組むことで、世界に先駆けた医療を地域に提供し、より選択性の高い医療の拡充に努めたいと思います。

教職員紹介 【 写真にマウスカーソルを乗せると似顔絵に変わります! 】

教授

井上 啓史 Keiji Inoue, MD, PhD


卒業年
1989年(平成元年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
泌尿器腫瘍学、光線力学

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
西日本泌尿器科学会(評議員)
日本泌尿器内視鏡学会(代議員)
日本泌尿器腫瘍学会
日本透析学会
日本癌学会(評議員)
日本癌治療学会(代議員)
日本癌転移学会
日本がん分子標的治療学会(評議員)
日本レーザー医学会(評議員)
日本レーザー医学会関西地方会(評議員)
日本光線力学学会(幹事)
ポルフィリン-ALA学会(幹事)
泌尿器科光力学診療研究会(幹事)
日本ロボット外科学会
日本排尿機能学会
American Urology Association(米国泌尿器科学会AUA)
Société Internationale d'Urologie(世界泌尿器科学会SIU)
American Association for Cancer Research(米国癌学会AACR)


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定(泌尿器科領域)
日本癌治療認定医
ロボット支援腹腔鏡下手術技術認定
ロボット支援腹腔鏡下手術プロクター(指導医)認定

手術部副部長、准教授、外来医長

山﨑 一郎 Ichiro Yamasaki, MD, PhD


卒業年
1992年(平成4年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
前立腺癌を中心とした尿路性器癌

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本癌治療学会
日本人類遺伝学会


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床遺伝専門医制度専門医

准教授、病棟医長

辛島 尚 Takashi Karashima, MD, PhD


卒業年
1994年(平成6年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
泌尿器悪性腫瘍

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本泌尿器腫瘍学会
日本癌治療学会
日本癌学会
日本がん転移学会
日本がん分子標的治療学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本透析医学会


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
癌治療認定医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
泌尿器ロボット支援手術プロクター認定
緩和ケア研修会修了医師

講師、医局長

蘆田 真吾 Shingo Ashida, MD, PhD


卒業年
1995年(平成7年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
泌尿器腫瘍学(前立腺癌)

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本透析医学会
日本人類遺伝学会
日本癌学会
日本癌治療学会
米国癌学会(AACR)
日本泌尿器内視鏡学会
日本内視鏡外科学会


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医
泌尿器腹腔鏡技術認定
日本内視鏡外科学会技術認定(泌尿器腹腔鏡)
ロボット支援腹腔鏡下手術技術認定

助教

深田 聡 Satoshi Fukata, MD, PhD


卒業年
1999年(平成11年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
泌尿器科疾患全般

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本がん治療学会
日本内視鏡外科学会
日本透析医学会


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
日本がん治療認定医

助教

福原 秀雄 Hideo Fukuhara, MD, PhD


卒業年
2003年(平成15年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
泌尿器科全般、光線力学

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本癌治療学会
日本癌学会
ALA-ポルフィリン研究会


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医

特任助教

久野 貴平 Takahira Kuno, MD


卒業年
2004年(平成16年)
出身大学
高知医科大学
専門分野
泌尿器一般、排尿障害

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本癌治療学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本排尿機能学会
日本透析医学会


専門医、認定医、資格など

泌尿器科専門医・指導医
身体障害者指定医

助教

波越 朋也 Tomoya Nao, MD


卒業年
2010年(平成22年)
出身大学
高知大学医学部
専門分野
泌尿器科一般

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会


専門医、認定医、資格など

日本泌尿器科学会 専門医

医員(レジデント)

山本 新九郎 Shinkuro Yamamoto, MD


卒業年
2012年(平成24年)
出身大学
宮崎大学医学部
専門分野
泌尿器科一般

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会
日本排尿機能学会
日本癌治療学会


専門医、認定医、資格など

医員(レジデント)

芝 佑平 YUhei Shiba, MD


卒業年
2015年(平成27年)
出身大学
高知大学医学部
専門分野
泌尿器科一般

▶ 所属学会、専門医、認定医、資格など

所属学会

日本泌尿器科学会


専門医、認定医、資格など

技術補佐員

川田 千明


技術補佐員

橋田 初音


技術補佐員

新村 麻由美

事務補佐員

梅原 亜紀


事務補佐員

前田 知子


事務補佐員

井上 真純


事務補佐員

池田 紗千

ホーム講座紹介卒前教育卒後研修診 療研 究業 績医局員募集リンクお問い合わせ