高知大学医学部附属病院は、都道府県がん診療連携拠点病院として指定されています。

取り組みのご案内

センターについて

取り組みのご案内

医療関係者の方へ

トップ >  取り組みのご案内 > がん相談支援センター

がん相談支援センター

センター長挨拶

センター長 岡本 健(おかもと けん)

 当院は高知県におけるがん診療やがんに係わる機関との連携を図る、都道府県がん診療連携拠点病院に指定されています。拠点病院では、県民からの様々な相談に対応する「がん相談支援センター」を設置することが求められており、当院では医療ソーシャルワーカーと看護師が、がんに関する相談をお伺いしています。

 テレビや新聞、インターネットでは様々ながんに関する検査法、治療法が紹介されています。中には根拠に乏しい治療や営利目的が主体の治療が提供されることもあり、患者さんとご家族が治療法に迷ったり、悩んだりすることも少なくありません。患者さんと医療者が対等な関係の中で治療方針を決めていくことが医療の前提とされますが、治療方針を決めて行くこと自体が大きな不安になることもあります。同時に医療者との関係や医療費、仕事(就労)、家族のことなどはがん治療と並行して非常に重要な関心事です。

 当院のがん相談支援センターでは、当院へ通院されている患者さんや家族だけではなく、どなたからの相談にも対応することになっています。相談内容についてプライバシーに配慮しつつ、内容に応じて病院内外での連携を取りながら、問題解決のお手伝いをさせていただきますので、安心してご相談ください。

ひとりで悩まず、まずはご相談ください。
専属のスタッフが、一緒に考えるお手伝いをします。

高知大学医学部附属病院
がん相談支援センター

第一病棟 3階東
088-880-2179

相談は無料です
匿名相談も可能