前のページに戻る

高知大学女性医師キャリア形成支援プログラム

病理診断部

病理診断部とは

病理診断部は院内における病理診断(組織診、細胞診)、病理解剖を行っています。臨床の連携を重視し、CPCの主催、カンファレンス、研究会へ参加しています。

スタッフ

准教授 弘井 誠
講 師 戸井 慎
助 教 井口みつこ

こんな方に最適

病理医になってもいいと考えている方(病理医も不足しています)
臨床に復帰を考えているが、その前に病理診断について学びたい方
  その領域の病理診断を主体に学ぶことができます
臨床に復帰を考えているが、不安があるので、少し様子を見たい方
子供が小さいので、フルタイムの就業がむずかしい方

病理診断業務では患者さんは目の前にいませんので、自分のペースで、行うことができます。休日の仕事や当直は原則ありません。また、取り扱う範囲は非常に広いので、まずは興味のあるところからはじめてもよいと考えます。

研修目標

病理医になることを希望する方は、専門医の試験を受ける事を目標とします。
希望すれば、時間が必要ですが、病理学教室と連携し、学位の取得も可能です。

研修スケジュール

研修者のライフスタイルに合わせて、スケジュールを組むことができます。
  急な用事ができても、多くは問題になりません。
毎日標本はできますので、興味のある領域を主体に診断を行い、指導を受けられます。
通常の病理組織診断が主になりますが、細胞診や術中迅速、解剖例をみることができます。
標本作製や免疫染色を行ってみることを勧めます
病理解剖に関しては随意としますが、介助に入り、肉眼診断、組織診断を行います。
  慣れれば執刀も行えます。
CPCに参加し、できれば病理所見を発表していただきます。

▼ ス ケ ジ ュ ー ル 例
時間
午 前 診断 診断 (休み) 標本作製 診断
午 後 診断 (休み) 標本作製 診断 (休み)

勉強会

随時、病理診断の難解例をdiscussionしています。
部内での剖検例の検討会を行っています。

事務連絡先

担   当 : 弘 井
電   話 : 088-880-2485
ファックス : 088-880-2689
メ ー ル : hiroim@kochi-u.ac.jp

診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る