前のページに戻る

高知大学女性医師キャリア形成支援プログラム

第二内科

第二内科(内分泌代謝・腎臓内科)について

当教室では腎・膠原病、糖尿病・代謝、内分泌グループを教室の3本柱とし、それぞれが専門性を持ちながら診療・研究に当たっており、糖尿病、内分泌疾患、腎臓病、高血圧など多くの現代人が抱えている生活習慣病のトータルケアと先進医療をめざしています。また、内科一般の視野に立った専門知識の習得、臨床に根付いた研究が可能であり、研修終了後には、内科認定医・専門医はもちろんのこと、学位取得、それぞれの専門分野の認定医・専門医の資格を取得することが可能です。2008年より現・寺田典生教授が就任し、2011年からは糖尿病専任の藤本新平教授も就任、指導医・専門医も腎臓、透析、糖尿病、内分泌代謝、甲状腺、リウマチ分野において多数在籍しており、非常に層の厚い指導体制が整っています。

女性医師キャリア形成支援プログラム

女性医師が仕事を続けることが難しい理由としては、キャリア形成の時期と妊娠・出産・育児の時期が重なることが挙げられます。当科では、向上心を持つ女性医師が家庭と両立しながら医師のキャリアを重ねていけるよう、それぞれの方の状況に応じて個別対応し、全面的にバックアップ致します。
当科の専門分野である 生活習慣病(糖尿病、肥満症など)、腎臓病、膠原病、内分泌疾患、高血圧、などの研修を積極的に受けていただくのはもちろんのこと、勤務時間は1日8時間以内かつ週30時間以内とし、時間外勤務や当直は本人の希望があれば免除可能です。原則的には当科の病棟・外来診療、教授回診、カンファレンスなどに参加していただきますが、習得したい専門分野に合わせた研修時間を個別に設定することも可能です。また個人の希望によっては週1~4日勤務や半日勤務など、研修・診療・研究と家庭生活が両立できるよう配慮しています。実際、育児休暇明けの女性医師も現在勤務しており、専門医や学位取得に向けてのサポートも行っています。アットホームな雰囲気の中、女性も男性もともに働きやすい環境を目指しています。

当科の専門分野

現在社会的に問題になっている糖尿病・肥満症などの生活習慣病や慢性腎臓病、腎不全などは当科の専門領域です。これらは今後更に専門医の必要とされている分野です。当科はこの分野での専門医の主要育成機関であると評価されています。関連病院も多く、当科における研修実績を高く評価して頂いています。是非、意欲のある、元気な方々に多数入局して頂き、当科の理念に基づき、臨床や研究に活躍して頂きたいと思います。

研修目標

内科学一般を広く研修し、研修終了時には一般内科医としての総合的考察力を身に付けた上で、当科の専門分野である腎・膠原病、代謝・糖尿病、内分泌、高血圧などの専門的知識を習得することを基本とします。 近年、医師の世界も非常に専門分野が細分化されてきており、“患者さんに人として接することができない”医師が増えてきていることから、指導の基本は、患者さんを全人格的に診療できる医師を育てることにあると考えています。
内分泌、代謝・糖尿病、腎・膠原病疾患の専門的診療能力の習得を目標として、専門医、指導医のもとに多くの症例を主治医として担当していただきます。なお、臨床期間を通じて、内科認定医・専門医と専門分野での認定医、専門医の資格を取得できるように配慮しています。また、希望者には基礎・臨床研究に従事し、学位を取得するように薦めています。

研修内容

週間スケジュール(一例)

時間
午 前 病棟業務等 外来診療日 教授総回診 外来診療日 病棟業務等
午 後 病棟業務等 病棟業務等 検査(腎生検、甲状腺細胞診)
症例検討会
病棟業務等 病棟業務等
夕 方   糖尿病回診
カンファレンス
内分泌および腎臓
カンファレンス
   

スタッフ

寺田 典生 教授・附属病院科長
藤本 新平 教授
西山 充 准教授・医局長
堀野 太郎 講師
田口 崇文 講師
高田 浩史 助教・外来医長
谷口 義典 助教
井上 紘輔 助教・病棟医長
平野 世紀 助教
中山 修一 助教
島村 芳子 助教
船越 生吾 特任助教
近江 訓子 特任助教

第二内科ホームページは以下になります
▶ 第二内科ホームページ

診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る