前のページに戻る

高知大学女性医師キャリア形成支援プログラム

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

耳鼻咽喉科・頭頸部外科とは

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は耳、鼻や咽喉頭の疾患および頭頸部腫瘍の診療を専門とする診療科です。この中には聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚など多くの感覚障害や、発声・構音機能や嚥下障害の診療が含まれます。耳鼻咽喉科の診療範囲は広く、多くのサブスペシャリティがあります。外科的治療(手術)は耳鼻咽喉科・頭頸部外科診療の大きな柱ですが、一方で難聴患者に補聴器や人工内耳を使ってリハビリをしたり、めまいの診断やリハビリ、音声治療や嚥下障害のリハビリなど手術以外の手法も用いて機能障害の診療にあたっています。このように多彩な診療内容がありますので、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の中でも自分の体力や生活スタイルに応じた診療分野の選択が可能で、全国的にも多くの女性耳鼻咽喉科医が活躍しています。対象が新生児から高齢者まで全ての年齢に渡るため、女性医師の出産・子育てなど人生のキャリアを積んだことで生まれる経験やきめ細やかさなどがメリットになる診療科です。耳鼻咽喉科・頭頸部外科ではこのような女性医師の特性を十分に考慮した勤務形態、役割分担を推進しています。

スタッフと専門分野

教 授 兵頭政光(音声障害、嚥下障害、頭頸部腫瘍)
教授(看護学科) 奥谷文乃(嗅覚障害)
准教授 小林泰輔(中耳炎、難聴、めまい、鼻・副鼻腔)
講師 小森正博(睡眠時無呼吸、中耳炎、副鼻腔炎)
助 教 弘瀬かほり(難聴、咽頭・喉頭)
松本宗一(顔面神経、頭頸部腫瘍)
池永弘之(鼻・副鼻腔)
長尾明日香(音声障害、嚥下障害)
伊藤広明(めまい、難聴、補聴器)

高知大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科で研修することの利点

耳鼻咽喉科専門領域を広く網羅するスタッフがそろっている。
外来診療、病棟管理、手術など幅広い診療を研修することができる。

こんな方に最適

専門科診療に復帰を考えているが、その前に診療の基本を取り戻したい方
子供が小さいので、フルタイムの就業が難しい方
専門医の資格は取得したが、さらに専門性の高い資格(サブスペシャリティ)を持つ
  医師になりたい方
将来、開業を考えているが、今まで経験が乏しかった分野を研修したい方
働きながら学位を取得したい方

研修目標

研修スケジュール

研修者のライフスタイルに合わせて、スケジュールを組むことができます。
通常の総合診療外来は月曜日・水曜日・金曜日の午前中です。
専門外来は下記スケジュールの通りです。
月曜日の15時から術前カンファレンス、18時以降から、放射線科合同カンファレンス
  (隔週)、毎週火曜日18時から医局会および木曜日8時から抄読会を行っています。

▼ 週 間 ス ケ ジ ュ ー ル
時間
午 前 中耳炎、副鼻腔炎
難聴、めまい
音声・嚥下
頭頸部腫瘍
手術
精密聴力検査
平衡機能検査
中耳炎、副鼻腔炎
難聴、めまい
音声・嚥下
手術
精密聴力検査
平衡機能検査
中耳炎、副鼻腔炎
顔面神経
睡眠時無呼吸
音声・嚥下
頭頸部腫瘍
午 後 術前カンファレンス
病棟回診
手術 嗅覚(隔週)
遺伝性難聴(1回/月)
顔面神経
平衡機能検査
手術 睡眠時無呼吸
音声治療
補聴器
18
放射線治療カンファレンス 医局会
抄読会
嚥下、嚥下障害の勉強会(1回/月)
    嚥下障害症例カンファレンス

事務連絡先

医 局 長 : 小林泰輔
電   話 : 088-880-2393
ファックス : 088-880-2395
メ ー ル : im37@kochi-u.ac.jp

診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る