前のページに戻る

高知大学女性医師キャリア形成支援プログラム

小児科

小児科とは

初診の患者さんは、新生児から成人になるまでの幅広い年齢層を対象にしていますが、慢性疾患など長期間の観察や治療が必要な場合は、患者さんや家族との話し合いで、成人後も診療を続けます。小児科では、患者さんの疾患を診るだけでなく、健やかな心身の発育をうながすことを目的としています。患者さんや地域医療機関の要望に応じて、24時間体制で、あらゆる患者さん(疾患)の受け入れを行っています。新たな小児科医養成のため、医学生、初期研修医と後期研修医の教育を、多施設と共同で行っています。また、感染症を基本的診療対象疾患の一つにしているので、インフェクションコントロールドクター(ICD)の資格保有者がいるのも特徴です。

スタッフ

教授 藤枝幹也(一般小児、腎泌尿器、膠原病、ICD)
准教授 久川浩章(一般小児、血液腫瘍)
講師 松下憲司(一般小児、新生児)
助教 荒木まり子(一般小児、内分泌・代謝)
大石 拓(一般小児、アレルギー)
山本雅樹(一般小児、循環器、小児救急)
石原正行(一般小児、腎泌尿器)
玉城 渉(一般小児、循環器)
特任助教 菊地広朗(一般小児、血液腫瘍)
三浦紀子(一般小児、新生児)
特任研究員 満田直美(一般小児、心理・精神)

その他、非常勤として、小児神経専門医、臨床心理士と言語療法士の専門外来があります。

こんな方に最適

小児科に復帰を考えているが、その前に診療の基本を取り戻したい方
小児科に復帰を考えているが、その前に基本手技を練習したい方
小児専門診療への復帰および挑戦を考えている方
家庭の都合で、フルタイムの就業が難しい方
将来、開業を考えているので、小児プライマリケア診療の基本を学びたい方
小児に限らず、内科的疾患の総合的な診療の基本を学びたい方
小児救急医療の基本を学びたい方

研修目標

研修スケジュール

研修者のライフスタイルに合わせて、スケジュールを組むことができます。
一般小児外来は、原則は午前中ですが、急患は何時でも受け入れます。
初診と再診は毎日行っています。各専門外来は下記の通りです。

時間
午 前 HCCの局所治療 外来エコー
外来
    外来エコー
外来
午 後 総回診 ERCP
EIS
血管造影 ERCP・EIS
血管造影
HCCの局所治療
▼ ス ケ ジ ュ ー ル 例
時間
午 前 一般外来 専門外来 一般外来 心エコー 専門外来
午 後 総回診 (休み) (休み) カンファレンス (休み)

オプション

院内の他部署との研修を組むこともできます。
プライマリケア研修のために、他の医療施設での研修についても相談に応じます。

勉強会

週1回の総回診(月曜日13時から)、新生児回診(木曜日13時30分から)、
  小児病棟患者カンファレンス(木曜日14時から)および抄読会(木曜日17時から)に
  参加できます。
例会(症例検討会、他施設の医師が参加)に参加できます。
  2ヵ月に1回 - 木曜日19時から開催

連絡先

担   当 : 久川 医局長
電   話 : 088-866-5811(内線22692)
ファックス : 088-880-2356
メ ー ル : m002@kochi-u.ac.jp

診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る