前のページに戻る

高知大学女性医師キャリア形成支援プログラム

外科(1)

外科(1)とは

外科1では、消化器外科全般(上部消化管、下部消化管、肝胆膵)、乳腺内分泌外科、小児外科を担当しています。中で、乳腺・内分泌外科では乳腺疾患の画像診断および画像ガイド下針生検、外科治療に加え、術前後の化学療法・内分泌療法・分子標的薬などを用いた薬物療法や進行再発乳癌の治療まで乳癌診療の全般を担っています。また、内分泌外科領域では甲状腺・副甲状腺疾患の外科的治療が中心で、甲状腺腫に対する画像ガイド下針生検も行っています。

外来では、乳腺・甲状腺の視触診に加え、マンモグラフィの読影や超音波検査、その他画像診断および超音波やマンモグラフィなどの画像ガイド下の針生検(穿刺吸引細胞診、コア針生検、マンモトーム生検)を行っています。また、化学療法もその大半を外来化学療法室で行っています。良性乳腺疾患の手術は局所麻酔下に外来日帰り手術を行っています。

臨床遺伝診療部と協力して遺伝性乳がんの診療も行っています。主に夕方ですが、遺伝カウンセリングも行っています。

スタッフ

教 授 花﨑和弘(消化器外科(肝胆膵))
准教授 杉本健樹(乳腺・内分泌外科)
講 師 並川 努(消化器外科(上部消化管))
岡本 健(消化器外科(下部消化管))
 [医療管理学:講師]
講 師 駄場中研(消化器外科・一般外科)
学内講師 北川博之(消化器外科(食道)・一般外科)
助 教 沖 豊和(乳腺・内分泌外科)
辻井茂宏(消化器外科・一般外科)
坂本浩一(小児外科・一般外科)
上村 直(消化器外科・一般外科)

臨床遺伝診療部と協力して遺伝性乳がんの診療も行っています。主に夕方ですが、遺伝カウンセリングも行っています。

こんな方に最適

外科系診療科への復帰を考えているが、今後の専門領域として乳腺科または
  甲状腺外科について学びたい方
外科系以外への復帰や開業を考えているが、女性外来などの一部として乳腺疾患について
  学びたい方
外科系以外への復帰や開業を考えているが、結節性甲状腺腫の診断について学びたい方
検診医として復帰を考えているが、乳癌・甲状腺癌のスクリーニングについて学びたい方

研修目標

研修スケジュール

通常の乳腺・内分泌外科の外来は月曜日・水曜日・金曜日の午前・午後です。
外来化学療法も月曜日・水曜日・金曜日の午前を中心に行っています。
画像ガイド下針生検は月曜日・水曜日・金曜日の午後に行っています。
手術日は火曜日・木曜日です。 手術は半日で完結するものが多く、午前・午後どちらでも
  見学や参加が可能です。
研修者のライフ・スタイルに合わせて、スケジュールを組むことができますが、
  検査手技の習得や手術の見学を希望する場合は検査や治療のスケジュールに合わせる
  必要があります。

▼ 研 修 ス ケ ジ ュ ー ル
時間
午 前 回診・外来 手術見学 外来 手術見学 外来
午 後 外来・検査 (休み) 外来・検査 (休み) 外来・検査

オプション

消化器外科手術の見学
縫合などの外科基本手技の研修

勉強会

月・水・金の朝8時30分~9時30分の症例検討会に参加できます。
月の午後6時からの抄読会に参加できます。
隔週で金の朝7時45分~8時15分の乳がん化学療法カンファレンスに参加できます。

事務連絡先

担   当 : 川村
電   話 : 088-880-2370
ファックス : 088-880-2371
メ ー ル : im31@kochi-u.ac.jp

診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る