前のページに戻る

循環器内科

受診の流れ

心臓のカテーテル高齢者の多い高知県において頻度の高い心・血管疾患すべてに対して専門医が診療を行います。

概要

循環器内科では次のような疾患を対象にしています

狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、不整脈、心筋症、心不全、肺高血圧、大動脈瘤、下肢閉塞性動脈硬化症、先天性心臓病、高血圧など

循環器内科では次のような症状を持った方を診療しています

診療体制

外来は月曜日、水曜日の午前・午後です。外来診療におけるきめ細かなフォローアップと同時に地域医療機関との連繋も大切にしています。出来ましたらかかりつけの先生からの紹介状をお願いします。

診療方針

「Patient First」をモットーに医療を実践し、患者さん中心の医療を提供致します。

外来担当一覧

時間
午前 北岡 裕章(教授)
山﨑 直仁(准教授)
濱田 知幸(特任助教)
宮川 和也(助教)
上田 素子(医員)
〔予約のみ〕
久保 亨(講師)
北岡 裕章(教授)
山﨑 直仁(准教授)
久保  亨(講師)
弘田 隆省(助教)
野口 達哉(助教)
高橋 有紗(病院助教)
(休診日) 〔予約のみ〕

馬場 裕一(助教)
中嶋 安曜(医員)
午後 清水 祐司 (休診日)

専門別外来一覧表

循環器内科
不整脈外来(午後)
〔予約のみ〕
心筋症外来
〔予約のみ〕

心不全外来
〔予約のみ〕
循環器内科
不整脈外来(午後)
〔予約のみ〕
- 循環器器内科
ペースメーカー外来(午前)
〔予約のみ〕

循環器内科で実施している主な検査は次のようなものです


循環器内科で実施している主な治療は次のようなものです

当科では基礎疾患ごとのきめ細かい病態評価と臨床的なエビデンスに基づいて治療を選択しています。虚血性心疾患(狭心症など)の治療には薬物療法、冠動脈バイパス手術、経皮的冠動脈形成術(冠動脈インターベンション治療・PCI)を用いています。PCI治療にはバルーン(風船)で拡張する治療法、「ステント」と呼ばれる金属チューブを挿入する治療法があり、近年ではより再狭窄率の低い薬剤溶出ステントも積極的に使用しています。下肢閉塞性動脈硬化症にも積極的にカテーテル治療を行っています。また、頻脈性不整脈に対してはカテーテル・アブレーション治療や植え込み型除細器治療、また徐脈性不整脈に対してはペースメーカー治療を行っています。 循環器疾患では患者さんの状態を的確に判断し、迅速に診断治療を行うことが重要です。当科では、県下の様々な循環器救急患者さんに対する24時間体制の救急診療に対応しています。

診療科目一覧に戻る 老年病・循環器・神経内科学教室