前のページに戻る

呼吸器・感染症内科

受診の流れ

呼吸器内科では気管支および肺の病気などに対して専門的な診療を行っています。

概要

呼吸器内科では次のような疾患を対象にしています

肺癌、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、呼吸器感染症など

呼吸器内科では次のような症状を持った方を診療しています

診療体制

年間約400名の入院患者があり、肺癌を中心に気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎などを扱っています。感染症内科としては、主に呼吸器感染症を中心に診療していますが、不明熱や敗血症の診療もしています。

診療方針

呼吸器疾患では患者の全身状態を的確に判断し、迅速に診断治療を行うことが重要です。このため早急な検査で診断をつけるようにしています。また疾患を総合的に治療するため他の診療科とも協力して診療を進めています。

得意分野

呼吸器疾患全てに対応できます。特に一人一人の患者さんを丁寧に診療する体制をとっています。

外来担当一覧

時間
  横山 彰仁(教授)
窪田 哲也(病院教授)
大西 広志(講師)
向田 賢市(助教)
(休診日) (休診日) 横山 彰仁(教授)
窪田 哲也(病院教授)
大西 広志(講師)
酒井  瑞(助教)
高山 裕介(助教)
(休診日)

専門別外来一覧表

呼吸器内科 - - 呼吸器内科 -

呼吸器内科で実施している主な検査は次のようなものです

入院して行なう検査

気管支鏡

先端にカメラの付いた直径5mm程度の管を胃カメラのように、気管支に挿入し、気管支内腔を観察したり、透視カメラを併用して病変部から、組織をかじりとったり、部分的に洗浄して、検査用の洗浄液を採取したりする検査です。外来でも実施可能ですが、状態や検査の内容によっては、安全のため短期の入院を要することもあります。

呼吸器内科で実施している主な治療は次のようなものです

悪性疾患が多いため、治療内容の主なものは、抗癌剤を使用する化学療法が主体です。放射線治療を行うこともあります。その他、間質性肺炎に対するステロイド療法、呼吸器感染症に対する抗菌剤治療などを行っています。

診療科目一覧に戻る 血液・呼吸器内科学教室