前のページに戻る

麻酔科(麻酔・疼痛)

受診の流れ

麻酔科麻酔科では、手術中の麻酔管理を中心に、手術前の身体機能チェックから手術後の全身管理までを主治医とチームを組んで行っています。

概要

はじめに

痛みは、人の身体にとってさまざまな病気の一つの症状です。痛みがあることで、私たちの体には血圧上昇、心拍数増加、頻呼吸、内分泌系ストレス反応などの変化が起こってきます。また、日常生活において、痛みがあれば、眠ることができなくなり、食欲はなくなり、行動の意欲もなくなり、心配や不安が襲ってきます。痛みは人が自分らしい生活をおくることを妨げてしまいます。しかし、痛みが生じ、様々な病気などが見つかり、治療につながることもあります。痛みは、身体に迫ってくる危険を察知し、これを回避するという生体防御機構の一部であり、警報としての大切な役割を担っています。 痛みが強くなれば、痛みのため日常の生活に支障をきたします。痛みの原因を検査し、評価を行った上で、適切な痛みの治療を速やかに行うことがとても重要になります。麻酔科外来では、このような痛みに対応していきます。

痛み

疾患例

麻酔科外来での痛みの治療

痛みの治療法としては、薬物による治療、東洋医学的治療、リハビリテーション療法、心理療法などがあります。
麻酔科外来ではこのような治療法を用いるほかに、必要であれば神経ブロックを用いることもあります。
<急性痛>
内服治療が中心。必要であれば、神経ブロックなど身体的な治療も行います。
<慢性痛>
痛みが慢性に続くことによって、先に述べた心理社会的な問題で苦しむ方がいます。
通常の身体的治療だけでは、十分な効果が得られない場合があります。
必要であれば、整形外科、リハビリ、麻酔科、精神科の医師と看護師、理学療法士といった各分野の専門のスタッフが集まり、治療方針を検討していきます。

外来担当一覧

時間
  北岡 智子(講師)予約 北岡 智子(講師)予約 横山 正尚(教授:午前予約
河野  崇(准教授:午前予約

専門別外来一覧表

- - - 痛みの外来(午前)予約のみ

※完全予約制です。

診療科目一覧に戻る 麻酔科学教室