前のページに戻る

子どものこころ診療部

受診の流れ

対象は15歳以下で、何らかの心の問題や発達の問題が疑われる子どもです。多い受診理由は「落ち着きがなく、指示が入りにくい」「対人関係が苦手で集団行動がうまくとれない」「学校へ行けない」「発達障害ではないか」「気分が落ち込んでイライラしている」などです。

概要

診療体制

神経科精神科に受診登録をしますが、診療場所は小児科の外来です。まず、児童精神科医師が診察をします。必要に応じて、臨床心理士が発達検査や心理検査をします。子どもの状態を判断した上で、環境調整や対応方法のアドバイスをし、必要ならば薬物療法を行ないます。また時期によっては医師、臨床心理士、保育士など複数のスタッフにより集団での生活技能訓練を行っています。その他、教育機関や児童相談所など福祉機関とも積極的に連携をとります。また、子どもの心や発達に関する講演など啓発活動を行っています。

外来担当一覧

時間
 

専門別外来一覧表

子どものこころ診療部
(午後) 予約
*小児科外来にて診察
子どものこころ診療部
(午後) 予約
*小児科外来にて診察
- 子どものこころ診療部
(午後) 予約
*小児科外来にて診察
-

受診の仕方

受診は完全予約制です。現在、初診の方の受付は行っておりません。

診療科目一覧に戻る