前のページに戻る

小児アレルギー

受診の流れ

アレルギー疾患の中でも主に、気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の診療を行っています。これらの疾患に共通して、原因となるアレルゲンの検索を血液検査や皮膚テストで行います。

気管支喘息について

 気管支喘息は喘鳴(息をするときに胸がぜーぜー・ひゅーひゅー鳴ること)とともに呼吸が苦しくなる病気です。呼吸機能検査や画像検査などでより正確に診断し、その管理をしています。運動誘発喘息、気道過敏性について調べるために運動負荷試験を行うこともあります。治療は、症状があるときの治療と、症状がないときでも必要な予防薬があります。症状があるときは主に、気管支拡張薬、そしてステロイド薬の注射があります。予防薬には主に吸入ステロイド薬やロイコトリエン受容体拮抗薬があります。最近では、最重症の場合、生物学的製剤の注射を行うことがあります。これらの薬剤は、適切な服薬手技の習得や環境整備をすることで最小限にすることが可能です。

食物アレルギーについて

 食物アレルギーは原因である食物の摂取でアレルギー反応が起き、身体に症状が出るものを言います。症状は発疹が多いですが、目の充血、唇の腫れ、鼻水、咳、呼吸困難、腹痛、嘔吐、下痢なども起きる可能性があります。これらいくつかの症状の組み合わせをアナフィラキシーと言い、特に血圧が下がった場合をアナフィラキシーショックと言いますが、命に関わります。
 当科では、食物経口負荷試験を行って正確な診断・管理を行っています。負荷試験は、主に、月曜日、火曜日にそれぞれ1名に対して入院で行うのと、比較的軽症の場合は、水曜日に1名だけ午前中外来で負荷試験を行っています。できるだけ不要な除去食がないように、負荷試験で少しずつ除去食を解除していきます。また、食物摂取に運動が加わることで症状の出現する食物依存性運動誘発アナフィラキシーが疑われる場合は、疑われる食物の経口摂取に運動を加えた負荷試験を行います。いずれも予約が必要になります。
 管理では、緊急時の対応の教育指導を重要視し、体重を考慮してアドレナリン自己注射器や抗ヒスタミン薬などの処方、住所が遠方であればあらかじめ他院への緊急受診の依頼などを行っています。

アトピー性皮膚炎について

 アトピー性皮膚炎は、体にかゆい湿疹が繰り返し出現する疾患であり、年齢により好発部位があります。そして、本人または家族にアレルギー疾患があったり、IgEというアレルギーに関する抗体を産生しやすいという特徴があります。管理には、体をきれいに洗うスキンケア、ステロイドやタクロリムスによる適切な薬物療法、環境など悪化因子対策があります。アトピー性皮膚炎は、この3本柱のいずれかに問題があれば管理は難しくなります。そのため、受診当初は短期間での受診や、教育入院を要することがあります。

 気管支喘息やアトピー性皮膚炎は、時には、院内学級に通いながら長期教育入院を行うことがあります。その他、重症でなければアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の診療も行い、相談によりダニやスギの舌下免疫療法も行っています。また、慢性じんま疹の診療も行っています。
 アレルギー疾患は、とくに初めの問診と教育・指導が重要であり、初診患者さんの場合は、1時間程度お話を必要とすることがあります。したがって、初診外来は水曜日に1日2名までとしており、10:00、10:30の外来においでていただき、研修医等による問診のあと、実際の診療は、他の午前中の予約患者さんが終了する11:30頃からになることをご了承いただきたく存じます。また、このように教育・指導に大変時間を要するため、原則予約重視となります。したがって、予約時間がなかなか希望に添えない可能性もあることもご了承いただきたく存じます。

診療科目一覧に戻る 小児思春期医学教室