前のページに戻る

呼吸器外科

受診の流れ

呼吸器外科では胸の病気、肺の病気、気管支の病気、縦隔の病気に対して専門的な診療を行っています。

概要

呼吸器外科では次のような疾患を対象にしています

肺癌、転移性肺癌、血気胸、縦隔腫瘍、多汗症、肺分画症など

呼吸器外科では次のような症状を持った方を診療しています

診療体制

呼吸器疾患を専門に診療しています。外来では胸部の異常陰影に対して胸部CT(当院では高分解能CT断層撮影で非常に微細な病変も検出可能です)・胸部MRI検査・気管支鏡検査等の精密な検査を行っています。

診療方針

呼吸器疾患では患者さんの状態を的確に判断し、迅速に診断治療を行うことが重要です。特に肺腫瘍に対しては診断が困難な場合が多いのですが、当科では迅速に確定診断をつけ、治療に結びつけるように努めております。

得意分野

呼吸器疾患特に肺癌に対して病状の進行度にあわせて胸腔鏡を使用した低侵襲手術(比較的小さい手術)から拡大根治手術まで対応しております。特に一人一人の患者さんを丁寧に診療する体制をとっています。

外来担当一覧

時間
午前 (休診日) 穴山 貴嗣(講師)
久米 基彦(准教授)
岡田 浩晋(助教:予約
(休診日) 穴山 貴嗣(講師)
久米 基彦(准教授)
岡田 浩晋(助教:予約
穴山 貴嗣(講師)
川本 常喬(医員:予約)
午後 (休診日) (休診日) 穴山 貴嗣(講師)
久米 基彦(准教授:予約
川本 常喬(医員:予約)

専門別外来一覧表

- 肺・縦隔外来 - 肺・縦隔外来 肺・縦隔外来

呼吸器外科で実施している主な検査は次のようなものです

肺癌や縦隔腫瘍の心配のある方に対しては肺癌検診を行っています。まず高分解能CTを撮影させていただき、さらに精密検査が必要と判断された場合は、以下の検査を追加検討致します。 

気管支鏡検査

直径6mmのファイバー(内視鏡)を気管・気管支に通し肺の中を観察する検査です。主に肺腫瘍の確定診断のために腫瘍の一部を採取(生検)して癌かどうかの診断をおこないます。当科ではこれに気管支内超音波検査も併用し通常は採取困難な気管支外の病変(リンパ節など)の生検も行っています。 

経皮的肺生検

肺の病変を超音波、CT等で見ながら身体の外から病変の一部を採取(生検)をし、肺の異常な影の原因について検査します。

胸腔鏡検査

診断困難な肺や胸膜の病変に対して、胸腔鏡を使用して小さな傷で病変を切除や生検を行い、診断や治療を行います

呼吸器外科で実施している主な治療は次のようなものです

肺癌手術

肺癌に対して、病期や患者さんの状態にあわせて胸腔鏡下の低侵襲手術から拡大手術まで対応しています。 

縦隔腫瘍手術

甲状腺や胸腺などから生じる縦隔(胸の中心部)腫瘍の手術や薬剤による治療を行っております。 

自然気胸、肺良性腫瘍

胸腔鏡とよばれる機器を用いて1cm程度の傷・数箇所のみで低侵襲手術を行っております。

多汗症(緊張すると手や腋の下に汗をかきすぎる状態)

腋の下の皮膚のしわに隠れる3mm程度の傷での手術治療を行っております。(ETS: 胸腔鏡下胸部交感神経焼灼術)

診療科目一覧に戻る 外科学外科2教室