前のページに戻る

入退院支援センター

入退院支援センターは、安心して治療や療養を受け、退院後には住み慣れた地域での生活に早期に戻れるように患者さんやご家族をサポートする部門です。

概要

入退院支援センターの目的

入退院支援センターは、医学部附属病院における患者サービスの一層の向上及び効率的な入院治療を行うとともに、入退院に係る診療支援を他職種が協働して行い、早期退院を支援することを目的としています。

業務

業務内容は下記の通りです。内容によって入退院支援センターの常駐スタッフ(看護師・ソーシャルワーカー・事務職員)に加えて、薬剤師・管理栄養士等々の他職種が連携して、患者さん方の不安の軽減や切れ目のない入退院を支援しています。

●入院に必要な各種手続き・必要物品・その他の入院準備についての説明
●入院に必要な書類の準備等のサポート
●薬剤師による薬の説明や指導
●入院費についての相談と説明
●公費等の社会資源の相談
●入院後の退院困難要因の抽出、支援計画の作成
●他の医療期間や介護施設等との調整
●ICTを活用し、地域の医療関係職種との連携支援

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る