前のページに戻る

乳腺センター


概要

乳腺センターとは

乳腺センターでは、乳癌を中心とした乳腺疾患の専門的な診断・外科的治療および乳癌の術前・術後の薬物療法や転移を伴う進行・再発乳癌の治療など多角的な乳癌治療を行っています。現在、乳癌治療には多くの選択肢がありますので、患者さんと十分話し合って治療方針を決定するようにしています。また、抗がん剤治療の大半は外来で施行され、乳癌手術は短期入院で行われるため、医師のみでなく看護スタッフも外来から入院へ、入院から通院へと切れ目なく継続して診療・ケアできる体制を整えています。
遺伝性乳癌に対応するために臨床遺伝診療部の協力で遺伝性腫瘍外来を立ち上げ、「遺伝性乳がん卵巣がん」を中心に、臨床遺伝専門医と遺伝カウンセラーによる遺伝カウンセリングおよび遺伝子検査を行っています。

主な対象疾患

乳癌、乳腺の良性腫瘍、乳腺炎など

乳腺センターの体制

曜日 午前 午後
月曜日 杉本健樹(病院教授)
沖 豊和(助教)
小河 真帆(特任助教)
杉本健樹(病院教授)
沖 豊和(助教)
火曜日    
水曜日 杉本健樹(病院教授)
小河 真帆(特任助教)
杉本健樹(病院教授)
小河 真帆(特任助教)
木曜日    
金曜日 杉本健樹(病院教授)
沖 豊和(助教)
小河 真帆(特任助教)
沖 豊和(助教)
遺伝性腫瘍外来※予約

診療内容のご紹介

乳腺外科

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る