前のページに戻る

透析部

透析部では処置、手術、検査などのために当院入院にて治療を要する透析患者さんの
定期的透析や入院中に血液透析が必要となった患者さんの透析を行っています。

概要

透析部の特徴

透析部では一般外来透析は行っておりませんが、維持透析患者さんの合併症に対する処置、手術、検査などに対する当院への依頼に対応する形で透析を行っています。また、入院中の患者さんに発生した急性腎不全や種々の理由による慢性腎不全の悪化に対して透析を行っているため、周術期(手術の前後の時期)や急性期透析が多いことが特徴です。

透析部の体制

透析部では透析技師と看護士、泌尿器科、第2内科のスタッフが担当して、各診療科主治医と協力して年間約50名程度の入院患者さんの透析を行っています。透析は通常、月、水、金の週3回、午前中より行っていますが、検査や手術などの必要に合わせて他曜日や夜間も臨時的に対応をしています。また集中管理が必要な状態の患者さんでは麻酔科やICU(集中治療室)と協力して加療にあたる体制となっています。

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る