前のページに戻る

周産母子センター

周産母子センター当院周産母子センターでは重症妊娠中毒症、各種疾患との合併妊娠の管理を行う産婦人科と連携をとりながら、主に出生体重2500g未満の低出生体重児の管理を行っています。

概要

周産母子センターの特徴

出生体重1500g未満の極低出生体重児、1000g未満の超低出生体重児など早産・低出生体重児の治療に力を入れています。早産児に特徴的な、呼吸窮迫症候群に対する人工呼吸器管理、人工肺サーファクタントの気管内投与、高K血症に対するG-I療法など全身管理を行い、後遺症なき生存を目指しています。また、早産・低出生体重児の発達促進のため、早期リハビリテーションの導入も積極的に行っています。
高知県内の産科医療施設と地域ネットワークで情報交換を行い、お母さん、赤ちゃんの緊急時に、速やかに入院治療が受けられるように環境を整えています。 

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る