前のページに戻る

看護部

看護部

概要

看護部の役割

病院の基本理念に基づき、医療チームの一員として患者さんの自立を支援することです。
そのためには高い実践能力と、優しさと思いやりの心をもって、患者さんと共に考え看護を行っています。
そして、県下唯一の大学病院として、地域の人々から高い信頼を寄せられる病院をめざしています。

看護部の体制

看護部職員数 看護職:約655名、看護助手:約48名、保育士:1名
勤務体制 二交替制勤務・三交替制勤務
病棟の看護配置 7:1(一般病棟)
看護方式 受け持ち制とPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)の併用

病棟の看護方式は、入院から退院まで1名の看護師が患者さんを受け持つ「受け持ち制」を行い、一人ひとりの患者さんとの信頼関係を築くことを大切にしています。またPNSを導入し、2人の看護師がよきパートナーとして、互いの特性を活かし、相互に補完し協力しながら、安全で質の高い看護を提供することを目指しています。

看護部の方針と基本姿勢

看護部の特徴

病棟/診療施設毎のご紹介

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る