前のページに戻る

内視鏡診療部

内視鏡診療部  各疾患分野で内視鏡を用いた診断と治療を専門に行う部門を独立統括し、各診療科との連携を円滑にすることで、内視鏡を用いた専門的な診断と治療の需要に柔軟に応えることを目的としています。

概要

診療体制

現在は消化管領域の診療を内視鏡診療部スタッフと各協力診療科で担当し、胆膵領域や呼吸器疾患は各診療科の専門医が診療にあたっています。

内視鏡診療部で実施している主な検査は次のようなものです

上部消化管内視鏡検査

食道、胃、十二指腸までの範囲を観察します。
通常観察に加え、より精密に診断を行う為に色素内視鏡観察を適宜行います。病変の存在が疑わしい場合は生検により病理診断を行います。また、早期癌に対して内視鏡的粘膜切除術の適応決定の補助診断として超音波内視鏡検査を行います。
その他、再発性の胃・十二指腸潰瘍がある場合は、ヘリコバクターピロリ菌の内視鏡検査(培養、鏡検、迅速ウレアーゼ試験)を行います。

大腸内視鏡検査

直腸、S状結腸、下降結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸、回腸末端(小腸)までの範囲を観察します。通常観察に加え、色素内視鏡観察、拡大内視鏡観察を適宜行います。拡大内視鏡観察では腫瘍性病変に対し、高い一致率で病理診断を予想できるので、内視鏡的ポリープ切除術や内視鏡的粘膜切除術の適応決定を詳細に診断することができます。必要に応じて超音波内視鏡検査も行います。その他、炎症性腸疾患の診断にも有用です。

内視鏡的治療

食道、胃の粘膜内癌や高度異型上皮や腺腫などに対して内視鏡的粘膜切除術を行います。基本的に入院治療になります。大腸の場合、内視鏡的ポリープ切除術や内視鏡的粘膜切除術を、通常の検査の際に外来治療で行いますが、出血のリスクが高いと思われる大きな病変では入院治療を行います。
その他、消化管出血に対する内視鏡的止血術(高張Naエピネフリン液注入、エタノール注入、クリップ、アルゴンプラズマ凝固など)や消化管狭窄に対する内視鏡的治療(バルーン拡張術やステント挿入など)を行っています。

内視鏡診療部で実施している主な治療は次のようなものです

内視鏡的治療

食道、胃の粘膜内癌や高度異型上皮や腺腫などに対して内視鏡的粘膜切除術を行います。基本的に入院治療になります。大腸の場合、内視鏡的ポリープ切除術や内視鏡的粘膜切除術を、通常の検査の際に外来治療で行いますが、出血のリスクが高いと思われる大きな病変では入院治療を行います。
その他、消化管出血に対する内視鏡的止血術(高張Naエピネフリン液注入、エタノール注入、クリップ、アルゴンプラズマ凝固など)や消化管狭窄に対する内視鏡的治療(バルーン拡張術やステント挿入など)を行っています。

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る