前のページに戻る

薬剤部

薬剤部

薬剤部医薬品に関する供給、管理、情報提供等、薬物療法に関する様々な業務を行っています。薬剤部は、業務内容に応じ7つのセクション(調剤室、薬剤管理室、薬務室、製剤室、試験研究室、医薬品情報室、治験管理室(臨床試験センター治験管理部門))から構成されています。各セクションは互いに連携し、薬剤業務の拡充と発展および薬剤部への様々な要望に対応しています。

概要

薬剤部の特徴

チーム医療への薬剤師の積極的な参画が求められる現在、薬剤部は薬の専門家として医療の質の向上および医療安全の確保に努めています。全国に先駆けて導入した電算機による処方オーダリングシステムや調剤監査システムを利用した様々なチェック機能を充実させ、最新の情報に基づいて処方を監査し、正確な調剤を行っています。そして、保険薬局薬剤師等と協力した地域連携や他職種連携にも力を注ぎ、患者さんが正しく服用できるように,そして副作用の重篤化を回避するための服薬指導と情報提供を行っています。また、お薬手帳の発行や記入、薬剤情報の管理など患者サービスの向上に努めています。
教育面では、医学生・看護学生に対する臨床薬理学を主体とした講義および実習を行っています。また、高知県には薬系大学が無いことから薬学教育にも大きく寄与し、病院に多くの薬学実務実習生を受入れ、医療現場で役立つ薬剤師の育成に取り組んでいます。
研究面にも力を入れ、大学院(博士・修士課程)の学生や社会人を広く受け入れ、診療に直接寄与できる研究を中心として、がん化学療法の支持療法に関する研究、嚥下障害患者の服薬に関する研究、生体侵襲性の少ない腫瘍バイオマーカーの開発、天然物資源の医療への応用に関する研究など積極的に行っています。

薬剤部の体制

24時間体制で、外来患者さんおよび入院患者さんのお薬に関する業務を行っています。外来化学療法室の支援の他、感染対策、緩和ケア、褥瘡対策、栄養サポートの各チームへの参加、臨床試験(人を対象とした臨床研究)への参画等を通じて、チーム医療に貢献しています。入院患者さんに対しては、各病棟担当薬剤師が持参薬の確認を行い、服用状況の把握や相互作用などの問題点を抽出しています。そして、医師等に適切な情報提供や処方提案を行い、医薬品の適正使用の推進を図り、有効かつ安全な薬物療法の支援を行っています。また、医療安全管理部に薬剤師の専任リスクマネージャーを置き、お薬に関する問題はもちろん病院内の事故防止や安全問題について積極的に取り組んでいます。

設備・施設等の紹介

調剤室・薬剤管理室・薬務室

調剤室、薬剤管理室(注射薬払い出し部門)および薬務室(薬品購入・医薬品管理・庶務部門)は、互いに補いながら外来患者さんおよび入院患者さんに使われるお薬を調剤し、患者さんや病棟に交付する他、医薬品の購入や在庫管理、麻薬・向精神薬や毒薬管理を行っています。調剤時には、使用方法、投与量、相互作用等のチェックを行い、問題点があれば、医師に問い合わせ、修正をした上でお渡ししています。

製剤室

医師からの要望に基づき、市販されていないお薬を調製しています。また、無菌室、クリーンベンチ、安全キャビネットなどを設け、注射剤の調製、抗がん剤や高カロリー輸液の混合等も行っています。

薬品情報室

公的機関や製薬メーカー等からの医薬品情報の収集、評価を行い、医療従事者に速やかに情報を提供しています。また、薬品マスタ等の各種マスタを一元的に管理しています。さらに、医療従事者や患者さんからの医薬品に関する相談に対しても、窓口となり対応しています。

治験管理室(臨床試験センター治験担当部門)

開発中の薬(くすりの候補)を患者さんに使用していただき、その有効性および安全性を確認する試験(治験)に使われる治験薬の管理および治験の実施に関する事務を行っています。治験管理室では、治験コーディネーターとして看護師さんや検査技師さんも一緒に働いています。

試験研究室

薬剤部で行っている研究活動の推進、学会発表等のサポートをしています。また、治療効果や副作用に関する様々な因子をモニタリングしながら患者さん個々に最もふさわしい投与計画を作成し、医師に提案しています。加えて、院内で作製した薬剤が患者さんにとって安全に使用できるよう品質の管理を行っています。

診療部一覧に戻る ページの最初に戻る