前のページに戻る

診療情報管理室

診療に関わる情報(主に診療録)が適切に記録されているかを監査し、それを管理しています。
また、その情報を整理、集計、加工し、臨床に役立つよう医療者に提供することが大切な業務です。

具体的には・・・

診療録監査/医療を効率的かつ継続的に実施するために、患者さんに関わる全ての医療専門職種が、共有できる記録となるよう指導します。
がん登録/効果的ながん対策を行う為に罹患数や生存率等を計測するため、大学院内のデータの作成及び県内医療機関から提出されるデータの集計を行っています。
クオリティ インディケータの計測/医療の質を測る指標を設定、公表し、医療の質向上に役立ててます。
DPCコーディング支援/入院患者さんの診察料の根拠となるDPCの適切なコーディングを支援します。

体制

診療情報管理室は、平成21年1月に設置された新しい組織です。室長は、副病院長が兼務し、この組織への期待が窺えます。副室長は、医事課専門員が兼務し、専門的アドバイスを受けるために臨床の医師、医学情報センター及び公衆衛生学分野の教員も併任で、構成メンバーとなっています。専任は6人の診療情報管理士が配属されています。少ない人数で、診療録を監査し、診療の質向上に役立つ情報を発信するため、個々の能力向上とIT技術の活用に日々努めています。


診療部一覧に戻る ページの最初に戻る