前のページに戻る

研修医奨励賞を受賞しました

 初期臨床研修医 有馬直輝さんが、平成26年12月5日(金)~6日(土)、高知市文化プラザかるぽーとで開催された第25回日本リウマチ学会中国・四国地方会において、「ANCA関連血管炎が原因と考えられた急性の大動脈弁閉鎖不全を呈した一例」を口頭発表し、研修医奨励賞を受賞しました。

 



 初期臨床研修医 猪谷哲司さんが、平成26年11月30日(日)、松山市総合コミュニティセンターで開催された第111回日本内科学会四国地方会において、「家族性骨髄異形成症候群の1例」の演題で研修医奨励賞を受賞しました。