前のページに戻る

乳腺センター、脊椎脊髄センター、脳卒中センターの三センターが開設されました

 高知大学医学部附属病院では、平成27年10月1日より新たに、「乳腺センター」、「脊椎脊髄センター」、「脳卒中センター」を開設しました。「乳腺センター」は乳癌を中心とした乳腺疾患、「脊椎脊髄センター」は脊椎・脊髄疾患、「脳卒中センター」は脳卒中の治療に特化したセンターとしています。
 これらは、急激な高齢化を迎えている高知県において、特に高齢者に多い疾患を対象に診断・治療を行うために、最新の設備と各領域の専門医、医療従事者が密接な連携のもと、集学的治療を行うことを目的としております。
 これらのセンターの開設により、県民のみなさまに、さらに安全かつ最新の治療を提供して参ります。