前のページに戻る

後発医薬品の切替えに際しての注意事項について(再周知、再確認)

平成27年8月28日

  診療科長 殿
 総合診療部長殿
  看護部長 殿
 関連各部署長殿
薬 剤 部 長 
宮村 充彦

後発医薬品の切替えに際しての注意事項について(再周知、再確認)


 先日、後発医薬品の切替えにつきまして、後発医薬品に関わる医薬品安全管理説明会等を実施し、周知させていただいたところですが、今回は、切替える品目数も417品目と多いことから、病院全体としての大きな改革となりますので、後発医薬品の切替えに際して、下記の注意事項について再度、周知、確認をさせていただきます。
後発医薬品切替えリスト(計417品目) はこちら


再周知、再確認事項
  1. 9月1日以前の先付オーダーにつきましては、在庫が有る限り、先発医薬品で対応致します。9月1日(火)以降の新規オーダーにつきましては、8月19日(水)の通知文書の通り、後発医薬品でのオーダーをお願いいたします。
  2. 適応症の相違により、先発医薬品と後発医薬品を並行採用としている薬剤以外の品目につきましては、当院指定の後発医薬品のオーダーをお願い致します。患者的要因や治療上等の理由により、やむを得ず先発医薬品のオーダーが必要な際、入院・外来院内処方につきましては、ダウン処方せんにて手書きの処方をお願い致します。また、外来院外処方につきましては、当面の間、処方オーダー時、薬剤毎にコメント欄へ先発医薬品で調剤する旨の指示をお願い致します。
  3. クリニカルパス、レジメン、セット処方等につきましては、一括して変更を行っております。
    物流請求に必要なオーダーセットの薬剤名称の変更や新規作成につきましては、順次対応させていただきます。
  4. 診療科および部門で独自に作成、使用されているマニュアル等につきましては、後発医薬品への薬剤名称の変更が必要となりますので、順次改訂をお願い致します。なお、ご不明な点などございましたら各病棟担当薬剤師までご連絡をお願い致します。

 上記以外の事項も含めて、後発医薬品の切替えについて、何かご不明な点などございましたら、副薬剤部長 楠瀬(内線:23171、PHS:36660)までご連絡ください。
 なお、後発医薬品への切替え品目については、適応の追加や各診療科からの評価等を考慮しながら、定期的な見直しを継続的に行ってまいりますので、ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。

〈ホームに戻る〉