前のページに戻る

県立あき総合病院とのがん診療の連携に関する協定締結式を行いました

 高知大学医学部附属病院と県立あき総合病院は、がん診療の連携を図る協定を3月16日に締結しました。高知大学医学部で協定締結式が行われ、横山彰仁高知大学医学部附属病院長と前田博教県立あき総合病院長が協定書に署名しました。
 協定には、定期的な合同カンファレンス及びキャンサーボードの実施に関すること、人材交流に関すること、患者相談支援業務に関することについて緊密に連携を図ることが定められており、高知大学医学部附属病院と県立あき総合病院が最新のがん診療情報を共有することで、東部住民の皆様に最新の医学技術を還元できる事が期待されます。
 高知大学医学部附属病院と県立病院が協定を結ぶのは今回が初めてで、今後さらに病院間の連携を進めていきたいと考えています。


横山彰仁 高知大学医学部附属病院長と前田博教 県立あき総合病院長