前のページに戻る

光線医療センター体制強化・開設2周年記念式典を開催します

 2017年4月、高知大学医学部附属病院に光線医療センターが開設され、日本初の本格的な光線医療技術を基盤とする先進的かつ独創的な組織として、診療のみならず、技術開発や教育啓発を積極的に行っています。同年9月には、天然アミノ酸5-アミノレブリン酸が膀胱癌において保険適用となり、商品名アラグリオ(製造販売元:SBIファーマ、販売:中外製薬)として発売され、現在、国内約300施設で使用されています。さらに、膀胱癌に引き続き、高知大学を含む多施設において、胃癌・腹膜播種に対する治験も行われています。
 このたび、本センター2周年を記念し、新体制の紹介や東京工業大学 湯浅英哉教授の特別講演等による記念式典を下記のとおり開催しますので、ご案内申し上げます。

 日 時   2019年3月14日(木)18時30分~
 場 所   高知大学医学部(岡豊キャンパス)
 臨床講義棟2階 第3講義室

ポスターダウンロードはこちらから