前のページに戻る

同胞間の臍帯血を用いた臨床研究を開始します

 高知大学医学部附属先端医療学推進センター臍帯血幹細胞研究班では、臍帯血について動物モデルを用いた基礎研究からスタートし、2017年からは小児脳性麻痺患者への自家臍帯血の輸血の安全性の研究を行ってまいりました。
 この度、その後継研究として当センターが申請した「小児脳性麻痺など脳障害に対する同胞間臍帯血単核球細胞輸血」及び「小児脳性麻痺など脳障害に対する同胞間臍帯血有核細胞輸血」の2つの計画が厚生労働省再生医療等評価部会において、「再生医療等提供基準に適合している」と確認され、再生医療等提供計画の提供制限が解除された後に研究を開始することになりました。
 ※同胞間 母親を同一とする兄弟・姉妹間のこと

 なお、詳細につきましては以下の日程で記者発表を行います。

 同胞間の臍帯血を用いた臨床研究に関する記者会見
 日   時:  令和2年9月30日(水)15時~16時
 場   所:  高知大学医学部 管理棟3階 特別会議室(高知県南国市岡豊町小蓮)
 出 席 者:   高知大学医学部附属先端医療学推進センター
  名誉センター長 相良祐輔
  センター長   本家孝一
 高知大学医学部産科婦人科学 教授 前田長正
 高知大学医学部小児思春期医学 教授 藤枝幹也
記者会見に関する
問い合わせ先:
 高知大学医学部・病院事務部
 総務企画課 広報係(TEL:088-880-2723)

〈ホームに戻る〉