前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

PET/CTで見えるもの

はじめに
 今やPET/CTは悪性腫瘍・がんの診療にとって欠くこととのできない存在となっています。現在当センターで行っているPET/CT は、フルオロデオキシグルコース(FDG)を用いる検査が大半です。このFDGはブドウ糖に似せた薬ですが、癌細胞が正常細胞と比較してブドウ糖を沢山細胞に取り込む傾向を持つ性質に着目しています。FDG-PET はブドウ糖代謝を指標として悪性疾患を評価する機能検査です。
PET/CT とその他の画像検査の相違点
 PET/CTはCT やMRIと同じような形をした機械ですが、CTはコンピューター断層撮影と言い、X線を使う検査で解剖学的な評価に優れています。MRIは核磁気共鳴画像と言われ、 体の中に含まれる水素の原子核から出される電磁波を画像化する検査です。  PET/CT はPETの機能とCTの解剖学的情報を合わせて評価することを目的としています。PETは放射性同位元素を用いた検査で、被曝について心配をされる方もありますが一回の被曝は胃の透視検査と同等と言われています。
 患者さんの中には年に何回もPET/CTの必要性が生じます。この場合検査による被曝は増えますが、治療方法の変更決定に向けての情報獲得による患者さんの利益と比較して主治医は検査の必要性を考えます。 
具体的な検査の有用性
 PET/CTは一度に全身の状態を評価できるため、原発巣から離れた転移の指摘に優れ、病気の進行期を評価する上で有用です。癌は時に転移が先に発見されることがありますが、PET/CTは原発巣検索にも有用性があります。また、PET/CTは時には癌治療終了後の再発や転移の発見に有用です。保険適用はありませんがPET/CT は良・悪性の鑑別にも有用なことがあります。
PET/CT の限界
 悪性疾患の診断評価に有用なPET/CTですが、大きさや性状によっても検出能は左右されます。1cm 未満の小さい病変やスポンジのように細胞密度の低い病変は病変があっても偽陰性となることがあります。また臓器や病理の違いでPET/CTでの検査薬の集まり方に相違が生じます。
FDG 以外のPET/CT
 当センターでは自費診療としてメチオニンPET 検査も行っています。脳の病変の評価に優れています。メチオニンはアミノ酸代謝を見る検査です。癌はブドウ糖代謝のほかにアミノ酸代謝も活発なことが知られています。脳の病変の悪性度あるいは悪性腫瘍治療後の再発有無を鑑別する場合にメチオニンPETは役立ちます。
さいごに
 FDG PET/CT の保険適用は早期胃がんを除く全ての悪性腫瘍、難治性てんかん、心臓サルコイドーシス、大血管炎です。PET/CT はあくまでも診断手段ですが、様々な疾患の治療戦略の決定や変更に有用な情報提供をしてくれます。


◎ 著者プロフィール
氏名:村田 和子(ムラタ ヨリコ)
所属:高知大学医学部附属病院 放射線科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る