前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

眼瞼下垂症

 人は1日に約2万回まばたきをします。これにより、涙で角膜を洗い流して、眼を清潔に保つ他にも「目は口ほどにモノを言う」と言われるとおり、感情を表すことにも重要な役割を果たしています。

 白内障や緑内障のような眼球の病気だけでなく、瞼(まぶた)の病気でも物が見えづらくなることがあります。目を開ける時は、瞼の奥にある眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉を収縮させて瞼を持ち上げます。しかし、神経や筋肉の病気、加齢などが原因で目を開けにくくなると、視野が狭くなることがあります。この様に瞼が下がってしまう病気を眼瞼下垂症と言います。

 眼瞼下垂症の中で最も多いのは、腱膜(けんまく)性眼瞼下垂症です。瞼は腱膜という膜を通じて眼瞼挙筋につながっています。しかし、この膜は薄くて弱いため、目をこすったり、コンタクトレンズを長期間つけたり、お年を召すことでも簡単に緩んで伸びてしまいます。すると筋肉の力が瞼に伝わりにくくなり、上手に瞼を持ち上げることができなくなります。

 腱膜の緩み始めの頃は、額にある前頭筋を使って眉毛と一緒に瞼を持ち上げます。この時期を代償期(隠れ眼瞼下垂症)と言います。視野は遮られていないのですが、いつも額に皺がよっているのが特徴的です。さらに進行すると実際に瞼が上がらなくなり、視野を遮られてしまうため日常生活に大きな影響が出ます。

 最近の研究では、視野が遮られることのほかに、頭痛や肩こりなどの症状が出ることが分かってきました。腱膜が緩んで前頭筋を使うようになると、側頭筋や僧帽筋などの頭や首にある筋肉も一緒に緊張してしまい、肩こりや筋緊張性頭痛などの症状が出てきます。これらの緊張は交感神経にも伝わり、めまいや睡眠障害などの自律神経失調症状も出る事があります。

 視野が遮られている方は明らかな眼瞼下垂症ですが、代償期の方は本人では眼瞼下垂症と気づかない事が多くあります。瞼が重い、額に皺がある、眉毛を上げている、頭痛や肩こりがあるなどの症状があれば、眼瞼下垂症の可能性があります。近年は若年の患者さんも増加していますので、コンタクトレンズを長期間使用している方や、花粉症などで目をこする癖がある方では注意が必要です。また、先天性の眼瞼下垂症の方もいます。眼瞼下垂症はどの年齢の方にも起こる病気なのです。

 眼瞼下垂症かな?と思ったら、形成外科や眼科を受診しましょう。内服や点眼では治りませんので、局所麻酔で手術が必要となります。筋肉の力が上手く伝わるように手術で腱膜を修復します。術後は多少腫れますが、傷あとは次第に目立たなくなります。
 このように眼瞼下垂症では、瞼が上がらない症状の他に、頭痛や肩こり、不眠やめまいなど様々な体の症状の原因となっていることがあります。ご心配な方は、一度、形成外科や眼科を受診してみてはいかがでしょうか。


◎ 著者プロフィール
氏名:栗山 元根(クリヤマ モトネ)
所属:高知大学医学部附属病院 形成外科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る