前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

がんのリハビリテーションについて

 がん患者さんはがんの進行や治療の過程で、日常生活で普通に行っている行為・行動が行えなくなったり、人間らしい生活や自分らしい生活を送ることが難しくなったりします。
 がんになってもこれまで通りの生活を出来るだけ維持するために欠かせないのが、がんのリハビリテーションです。

 リハビリテーションの対象となる障害は、腫瘍の増大による衰弱からの体力低下、骨転移や脊椎転移に伴う骨折、およびがん性疼痛や倦怠感から二次的に生じる廃用症候群などが挙げられます。
 脳腫瘍や脊髄圧迫などによる運動麻痺も、重度の障害を引き起こします。また、抗がん剤や放射線治療による副作用や倦怠感からの活動性低下に伴う体力、筋力の低下、低栄養、手術に関連する肺炎や局所の症状が挙げられます。
 その他、がん患者さんは身体的な苦痛、障害のみでなく、がんの診断や進行・再発によるストレス、がんによる痛み、長期間の治療などによる精神的負担も大きくなります。がんのリハビリテーションは、これらのがんそのものやまたその治療過程によって生じた身体的、精神的およびその他の様々な障害や制約や生活の質の低下に対して二次的障害を予防し、機能や生活能力の維持・改善を図ることを目的とします。

 がんのリハビリテーションを行う療法士は、がんによって生じる障害や制限に対して専門的な知識を持ち、筋力強化や体力向上、心肺機能の賦活などを目的とした運動療法、日常の動作を負担なく行うための生活動作練習、摂食や嚥下障害やコミュニケーション障害に対する指導・援助などを行っています。
 また療法士のみでなく、医師、看護師、薬剤師、栄養士、社会福祉士などを含む多職種でのチームアプローチを行います。それぞれの職種が専門性を生かして、がんの進行状況、治療に対する反応、治療過程で生じるさまざまな合併症を考慮しながらサポートしています。

 近年、がんの診断や治療の進歩によって治療成績は向上し、長期生存率が向上しています。よりよい療養や生活のために、ご家族や担当医と相談しながらリハビリテーションのサポートを受けていくことが大切です。


◎ 著者プロフィール
氏名:町田 佐和(マチダ サワ)
所属:高知大学医学部附属病院 リハビリテーション部
役職:作業療法士

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る