前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

静脈内鎮静法による怖くない歯科治療

 歯科治療と言うと、
・歯を削る「キーン」という音が怖い
・麻酔が痛い
・歯を抜く時に引っ張られたり押される感覚が嫌
・麻酔をするとドキドキして気分が悪くなる
・口の中に治療器具が入ると嘔気を催す
・インプラントや親知らずの抜歯をしたいけれど手術が怖い といったようにマイナスイメージや不安、恐怖心をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
 このような不安や恐怖心を和らげる方法が、静脈内鎮静法です。

 静脈内鎮静法は、鎮静剤などの薬剤を点滴することで意識をぼんやりとさせ、治療中の恐怖や緊張を和らげる方法です。歯科病院によっては、リラックス麻酔と表現していることもあります。全身麻酔ではないので完全に意識を失うことはありませんが、雲の上にふわふわ浮いたような感じになり、時に眠ってしまうこともあります。

 術者の声は聞こえ、また呼びかけに答えることもできます。呼吸は自分でスムーズにできますので、息苦しさはありません。治療中は口を開けたり、咳や嚥下もでき、かみ合わせの高さもチェックできます。不快感や痛みがある場合は言葉で訴えることができます。

 また、静脈内鎮静法には健忘作用というものがあり、治療中に感じた不快感は忘れてしまいます。人によっては、「点滴を初めてぼんやりしたと思ったら、次の瞬間にはもう親知らずの抜歯が終わっていた」と表現される方もいらっしゃいます。
 ただし、静脈内鎮静法は麻酔ではないので、痛みを麻痺させる効果はありません。そのため親知らずの抜歯やインプラント治療等の手術時には、局所麻酔と静脈内鎮静法を併用します。

 静脈内鎮静法の手順について、以下にまとめておきます。

 ○静脈内鎮静法の手順○
① まず、モニターを装着し、点滴をとります。モニターは安全のため治療終了まで装着します。
② 抗不安薬や静脈麻酔薬を、患者さんの意識が失われない程度の量で点滴していきます。
③ 薬が効いて、鎮静状態になってから局所麻酔を行います。(通常の歯科治療の際に用いる局所麻酔薬を使います。麻酔をされたことも覚えていないと言われる患者さんもいます。)
④ 歯科治療、インプラントなどの外科治療を行います。
⑤ 治療後、短時間で鎮静から回復し、歩いて帰宅できます。
 しかし、しばらくふらつきや眠気が残ることがあるため、車で来られた場合には付添いの方に運転してもらう必要があります。


◎ 著者プロフィール
氏名:冨田 理生(トミタ リキ)
所属:高知大学医学部附属病院 歯科口腔外科
役職:医員

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る