前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

介護サービスを利用するには

 介護保険制度は、介護が必要な方を社会全体で支えるための社会保険制度として、平成12年4月に始まりました。これは、加齢に伴う疾患などで介護を必要とする状態になっても本人の尊厳を保持し、できる限り自立した日常生活を送れるよう利用者の選択に基づいて、必要な介護サービスを提供する仕組みです。
 たとえば65歳以上の第1号被保険者が介護の必要な状態であると認定された場合、あるいは40歳から64歳までの第2号被保険者が加齢に伴う疾患により介護が必要であると認定された場合には、1~2割の自己負担額で介護サービスを受けることができます。

 家庭で受けるサービスの代表的なものが訪問介護で、ホームヘルパーが家庭を訪問し、日常生活上の介護や生活援助を行います。他に訪問看護、訪問リハビリテーションなどがあります。
 施設などに出かけて受けるサービスの代表的なものが通所介護で、施設に通い、日常生活上の支援や機能回復のための訓練・レクリエーションなどを行います。他にも、通所リハビリテーションやショートステイ、小規模多機能型居宅介護などがあります。
 施設などで生活しながら受けるサービスとしては、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、そしてグループホームへの入所などが挙げられます。
 その他のサービスとして、福祉用具の購入・貸与や住宅改修費の補助なども対象となります。

 介護サービスを受けるためには、要介護認定が必要で、日常生活に支援が必要な状態である要支援と、何らかの介護を必要とする要介護の2種類があります。
 市町村に要介護認定の申請を行って受理されると、認定調査員が家庭を訪問し、心身の状態や日常生活の状況などについての聞き取り調査を行います。その結果と主治医意見書をもとに、介護認定審査会が協議して個々の介護度の判定が行われ、その結果が申請者に通知された後、介護区分ごとに定められた支給限度額の範囲内で、各種介護サービスを選択・利用することができます。

 居住地の自治体によって、受けられる介護サービスは異なります。高知県庁のホームページに、介護サービス情報公表システムのサイトが掲載されているので、県内の地域包括支援センターや居住地で利用できる介護サービス事業所のサービス内容・連絡先などを調べてみるのも良いのではないでしょうか。


◎ 著者プロフィール
氏名:松下 雅英(マツシタ マサヒデ)
所属:高知大学医学部 土佐山へき地診療所
役職:准教授

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る