前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

介護予防(サルコペニア&フレイル対策など)

 現在、日本では高齢者の自立支援に社会で取り組む様々な仕組みが導入されています。また、何歳まで生きるといった今までの「平均寿命」ではなく、病気があっても自立して生活ができる期間である「健康寿命」が健康に関する指標として用いられるようになってきました。
 今回は加齢に伴う身体機能の変化と、できるだけ長く自立した生活を送るための対策と取り組みについてお話します。

 要介護状態に移行する理由で最も多いのが「脳血管障害」であり、次いで「衰弱」、「転倒・骨折」となっています。しかし、これらの病気・怪我にかからなくても、加齢とともに身体機能は徐々に低下します。
 最近では、2014年5月に日本老年医学会より「フレイル」という言葉が提唱されました。フレイルとは、「加齢とともに、心身の活力が低下し、生活機能障害、要介護状態、死亡などの危険性が高くなった状態」と定義されています。また、加齢に伴い筋肉が減少する病態のことを「サルコペニア」といい、転倒・骨折、寝たきりなどの原因になります。
 どちらも加齢に伴う機能低下を意味しますが、「サルコペニア」が筋肉量の減少による機能低下を指すのに対して、「フレイル」には移動能力、筋力、バランス、認知機能、栄養状態、持久力、活動性、疲労感など幅広い要素が含まれる点が大きな違いと言えます。

 歩行機能に着目した研究では、ウォーキングよりも高強度の運動(早歩きなど)を週3回以上行っていた高齢者は、運動習慣のない高齢者よりも認知症発症のリスクが低いという報告もあり、習慣的な運動で活動量を維持することが重要とされています。
 自宅で出来るものとしては、バランス能力向上のために左右1分間ずつ立つフラミンゴ体操、もも・足の筋力をつけるためのスクワット、ふくらはぎの筋力をつけるための踵あげなどがあげられます。また、高齢者が活動的な生活を維持するためには、趣味活動や周囲との交流などの社会的役割の維持も重要です。

 最近では、介護レベルに応じて各種サービスが受けられる環境も整いつつありますが、過度にマンパワーやサービスに頼らず、できるだけ普段の生活行為を継続しながら自分に合った運動を取り入れて、体力が落ちないような健康作りを意識することが最も大切です。


◎ 著者プロフィール
氏名:小川 真輝(オガワ マサキ)
所属:高知大学医学部附属病院 リハビリテーション部
役職:理学療法士

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る