前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

子どものいびきと睡眠時無呼吸

 1、はじめに
 保護者を対象に行ったアンケートによれば、お子さんにいびきがある、寝息が荒いと回答した保護者の方には、同時に学習意欲が低下している、落ち着きがない、飽きやすいほうだ、長く走ると息が続かなくなると感じている方が多いという結果になりました。そして、無呼吸があると回答した保護者の方も同様の結果でした。いびき、寝息が荒いは無呼吸症の患児に多い症状ですので、当たり前の結果ですが、お子さんのいびきを気にして来院される親御さんでも、無呼吸に気づくことは少ないようです。

 2、睡眠の重要性
 睡眠には、単に休息をとるだけでなく、脳を作り、育て、そしてより良く活動させる機能があります。さらに、脳の疲労は睡眠によってのみ回復するといわれ、学業成績や記憶との関連性も証明されています。また、成長ホルモンも睡眠によって脳から分泌されます。

 3、小児睡眠時無呼吸症とは
 睡眠時無呼吸症とは睡眠中に呼吸が止まり、結果として睡眠が妨げられ、血液中の酸素濃度が低下する病気です。それを疑う症状して、いびきや荒い寝息、呼吸時に胸がへこむ陥没呼吸、口呼吸、寝相の悪さなどがあります。日中の眠気もありますが、子供がそれを訴えることはなく、学校での居眠りやテレビを見ているときにうとうとするなどにて気づかれます。さらに、身体面では同世代の子と比べて体が小さいこと、精神面では落ち着きがない、攻撃的であること、学習面では学力の低下や注意力がないことなどがいわれています。また、睡眠中の酸素不足は心血管系に負担をかけ、夜尿症や心血管系の病気との関連もいわれています。

 4、小児睡眠時無呼吸症の原因と診断
 鼻の奥にあるアデノイドが腫れていることや、口を開けたときののどの奥の両側にあるいわゆる扁桃腺が大きいことが最も多い原因とされています。また、アレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎いわゆる蓄膿症などによる鼻づまり、顎の発育が不十分であること、肥満なども関与します。診断には、まず、自宅にて行う簡易睡眠検査から始めます。この検査にて異常を認めた場合に、一泊入院して終夜睡眠ポリソムグラフィー、PSGと呼ばれる精密検査を行います。こののち、重症度と原因に合わせた治療を検討します。

 5、まとめ
 無呼吸を疑う始まりはいびきあるいは寝息の荒さに始まると思われます。おかしいと思われたら、成長や発達に欠かせない睡眠のことですので、調べた方が良いと思います。


◎ 著者プロフィール
氏名:小森 正博(コモリ マサヒロ)
所属:高知大学医学部 耳鼻咽喉科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る