前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

口臭の診断と治療

 皆さんの中で口臭を気にされている方はおられませんか? 口臭は生理的なものと病的なものに分けられ、病的なものとしては、口の中の原因によるもの、口以外の病気が原因のもの、さらに、実際には口臭はないのに口臭を訴えるもの(自臭症)に分けられます。

 生理的なものでは、起床直後や緊張時に唾液の分泌が減少するため口臭がしますが、食事をすることで唾液の分泌が促され、歯磨きにより口の中の細菌が減れば口臭はしなくなります。
 一方、病的なもので一番多いのは口の中の原因によるものです。歯周病(歯槽膿漏(しそうのうろう)症)や虫歯、不十分な歯磨きおよび舌表面のこけ状のもの(舌苔(ぜったい))などにより、口の中の細菌数は増加します。細菌は食べカスや口の中の剥がれ落ちた粘膜を分解して硫化水素やメチルメルカプタンといった揮発性(きはつせい)硫黄化合物を産生します。これらは腐った卵や野菜の臭いがするので、口臭がするのです。特に、口臭の6割は舌苔から発生するといわれていますが、これは舌の表面が細かい凹凸構造になっているため、剥がれ落ちた口の粘膜が留まりやすく、多数の細菌が存在しているためです。
 さらに、口以外の病気が原因のものとしては、鼻咽腔(びいんくう)、呼吸器、上部消化器疾患などが原因で口臭が出ることがあります。なお、自臭症は真面目でおとなしく内向的な人に起こりやすく、誤解に基づく思い込みなどによりますので、よく説明し誤解を解くようにしています。

 口臭の診断方法ですが、人間の嗅覚で判定すると同時に、口臭の主な原因とされている揮発性硫化物の濃度を口臭検知器で測定します。口の中の細菌数をカウンタで測定するとともに、歯周病や虫歯、舌苔がないかなど口の中のチェックを念入りに行います。
 さらに、唾液分泌量が少ないと細菌が増えやすいので安静時の唾液分泌量を測定します。これらの項目に異常がなく口の中に問題がないと考えられる場合には、他科の受診をお勧めします。

 口臭を予防するためには、通常の歯ブラシに加え、デンタルフロスや歯間ブラシなどを併用して歯磨きをきちんと行って下さい。入れ歯を使用している方は毎食後外して清掃して下さい。加えて、口の中の主な口臭源は舌ですので、舌ブラシを用いて舌清掃をすることもお勧めします。また、定期的に歯科健診で口の中のチェックと専門的歯面清掃や歯石除去を受けて下さい。
 普段の生活では、よく噛んで食べること、楽しくリラックスした状態で過ごすことが大切です。


◎ 著者プロフィール
氏名:笹部 衣里(ササベ エリ)
所属:高知大学医学部 歯科口腔外科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る