前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

お薬のかたちについて

 誰もが病気や怪我をし、お薬を使用して、病気や怪我を治した経験があると思います。その時使用したお薬は、症状や使用する人によって違うと思います。

 お薬のかたちは、大きく分けると内服するもの外用として使用するもの注射するものとに分類されます。

 まず、内服するものについて説明を行います。内服するものは、錠剤、カプセル、粉薬、シロップ剤に分類されます。
 錠剤は、溶けやすく吸収されやすいように圧縮して作製された裸錠、苦味成分を抑えてコーティングした糖衣錠、胃で溶けずに腸で溶ける腸溶錠、効果を持続されるために特殊なコーティングをした徐放錠などがあります。最近では、さらに色々なかたちも出てきており、口の中で速やかに溶解または崩壊させ服用できる口腔内崩壊錠または速崩錠等があります。この口腔内崩壊錠は、水が無くても口の中で溶け誤嚥防止に役立っています。
 カプセルは、カプセル内に粉や顆粒状の薬を詰め込んでおり、苦味の強い薬や湿気に弱い薬が充填されています。
 粉薬では、散剤、顆粒剤、ドライシロップがあり、散剤は、錠剤等に比べ、簡単に量の調整ができるため小さな子供さんでも使用しやすく、体重や年齢に合わせた量の服用が可能です。また、2種類以上の散剤を合わせて調剤し服用する事も可能です。顆粒剤は、粒が大きくコーティングがされていて苦味を抑えたり、飲みやすいように工夫されたものです。ドライシロップは、甘味をつけた散剤または顆粒剤であり、そのままでも、水に溶かしてでも飲むことが可能です。
 シロップ剤は、成人用もありますが、主に小さなお子さんが服用するための小児用のものであり、薬自体に甘味や香りをつけた液剤です。

 外用として使用する物として、点眼薬、点鼻薬、点耳薬、含嗽剤(うがい薬)、吸入薬、トローチ剤、軟膏剤、貼付剤があります。これらの薬は、主に局所に使用するものが多いです。

 注射薬は、血液や組織に直接入れ、目的に応じて皮膚の下や血管、筋肉等に薬を入れます。薬の効果を早く出したい場合やその他の投与方法では、ダメな時に使用されます。また、インスリンやリウマチの薬など患者さん自身で注射してもらう自己注射もあります。

 お薬はこのように使用する人に合わせて使い分けが出来ます。お薬の効果を得るためには、用法や使い方などの指示を守ることが大切です。また、保管方法を守る必要があります。


◎ 著者プロフィール
氏名:阿部 譲朗(アベ ノリアキ)
所属:高知大学医学部附属病院 薬剤部
役職:薬剤師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る