前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

ポリファーマシー「お薬を飲みすぎていませんか?」

 「ご自分の飲んでいる薬が多いんじゃないか?」と考えたことがありませんか? 高齢者など病気の数が増えると、それだけ薬が増えてしまいます。
 日本のある病院の調査で、65才以上の患者さんの40%が5剤以上、10%が10剤以上の薬を処方されていました。薬の副作用が出やすい高齢者ほどたくさんの薬を飲んでいます。
 さて、ポリファーマシーはどんな問題を引き起こすのでしょうか? 作用が重なり効き過ぎたり、副作用が増大します。治療費が増えます。薬が多くてきちんと飲めない人が増えます。睡眠薬などふらつきをおこす薬剤で転倒・骨折が増えます。また、入院や死亡が増えることもわかっています。

 ポリファーマシーをもたらしているのは医師ですが、患者さん側の要因もあると思います。薬好きの患者さんが確かに多いです。本当に薬で治すべきなのかを医師患者ともによく話し合う必要があります。
 また、多くの医療機関にかかってしまうと薬が増えます。副作用に対して新たに薬が処方されることもあります。患者さんご本人が副作用を疑っていないので、別の科や病院にかかって症状を訴えると、新たに薬が処方されることが多いのです。

 ポリファーマシーを減らすため何ができるでしょう?
 まず、お薬手帳の活用とかかりつけ薬局を持つことです。薬剤師さんは副作用や相互作用をチェックして医師に伝えてくれます。
 私は家庭医(ファミリードクター)、すなわち地域にいる身近ないわゆるかかりつけ医です。家庭医は他病院の医師になぜその薬が出されているのかの確認をしたり、時には薬の処方や変更は家庭医に任せていただけないかと問い合わせることもあります。
 患者さんにできることとして、薬に頼らない非薬物療法はないのかを医師と相談することも大事です。また、現在の症状を医師に伝え、処方薬を医師と毎回検討し、漫然と同じ薬が処方されるのを防ぎましょう。できるだけかかる医師の数を減らしましょう。
 サプリメントや市販薬についても、医師や薬剤師に相談し、不要なものは減らしていきましょう。

 最後に大事な話をします。
 私の外来に、「薬を減らしてほしい」と言って受診される方がいました。薬は原則として必要だから処方されています。勝手にやめるのは大変危険です。必ず主治医と相談してください。
 私は、ポリファーマシーの患者さんに対しては主治医に相談したうえで、患者さんと一緒に薬の効果や副作用を検討しながら薬をゆっくり少しずつ減らしていっています。


◎ 著者プロフィール
氏名:西村 真紀(ニシムラ マキ)
所属:高知大学医学部 家庭医療学
役職:特任准教授

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る