前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

お薬の飲み方

 薬を飲む時には、医師・歯科医師・薬剤師の指導に従って正しく飲むことが大切です。一般的にコップ一杯程度(180~200mL)の水やお白湯(ぬるま湯)で飲むのが良いと言われています。粉薬は水と一緒に、錠剤やカプセル剤は一部の薬を除き、かまずにそのまま水とともに飲み込むようにしてください。お水は薬を溶かして、胃や腸へ運ぶ働きをしています。
 この為、水なしで薬を飲むと、食道にくっついて薬が溶け出し、食道の粘膜をいためることがあります。飲みづらい粉薬をオブラートに包んで飲む場合もよく水に湿らせて飲まないとのどにひっかかり危険ですし、まちがってアルミ包装のまま飲み込んでしまって食道にささって大変なことになる場合もありますので注意が必要です。
 また、水なしで薬を飲むと溶けにくいので、吸収が遅れて効果が現れにくくなったり、場合によっては溶けずに便に出てしまうこともあります。粉薬では気管から肺に入って肺炎を起こした例もあるといわれています。薬が効果を十分に発揮するためには薬が溶けて体内に吸収されることが大事になってきます。

 もちろん、中には例外もあり、近年では水がなくても飲める薬なども開発されています。OD錠といわれる口腔内崩壊錠や、チュアブル錠といわれるかみ砕いたり唾液で溶かす薬は、唾液や少量の水で溶けやすいように作られているので水がなくても飲めるようになっています。また、舌の下に薬を入れて溶かす舌下錠や、薬を歯と歯茎のあいだに挟んで口腔粘膜から吸収させるバッカル錠という錠剤もあります。

 薬を飲むときの飲み物として、水やぬるま湯以外の飲み物で飲むと、吸収や効き目が低下したり、作用が強く出てしまうことで副作用が現れやすくなったりすることが考えられますので、注意が必要です。たとえば、牛乳やコーラ、ジュースでは、一般的に吸収が遅くなったり悪くなったりして効き目が低下することがあります。グレープフルーツジュース、オレンジジュースやりんごジュースでは効き目が低下することがわかっている薬があります。グレープフルーツジュースの場合は、Ca拮抗薬といわれる血圧降下剤やその他の薬でも薬の分解が抑えられて作用が強く出てしまうものもあります。
 その他にも、コーヒーや緑茶などにはカフェインやタンニン酸が含まれるため、薬の中にカフェインが含まれているとカフェインの取り過ぎとなり興奮して眠れなくなってしまったり、タンニン酸と薬の成分が反応して効き目が低下してしまったりすることがあります。
 アルコールは薬と一緒に服用すると、肝臓がアルコールを優先的に分解しようとしますので薬の分解が遅れ、効き目が強く出過ぎたり、副作用が現れやすくなります。眠くなるなどの作用を持つ精神安定剤や睡眠剤などはその代表です。他にも糖尿病の薬にはアルコールと一緒に飲むと低血糖を起こしやすいものがありますので、薬とは一緒に飲まないことが重要になってきます。

 薬を飲む際には、タイミングも重要となります。「食前」「食後」「食間」など、薬を飲むタイミングは食事と関係した表現になっていることが多くなっています。これは胃の内容物によって薬の吸収が変わってしまったり、胃がからっぽの状態だと胃に負担をかけてしまったりするためです。
 「食前」は食事をとる前の30分以内をいい、「食後」は食事を終えて30分以内、「食間」は食事と食事の間ということで食後2時間程度後になります。食事の途中ではありませんのでご注意下さい。「寝る前」とは寝る30分前です。一般に「食前」「食間」は胃が空になった状態ですので薬の吸収が良く、作用も現れやすいです。反対に食事中や食事の直後では、薬が胃に停滞し胃を通過する時間が長く、小腸からの吸収が遅れることによって作用の現れ方が遅くなり、作用が長く続きます。大部分の薬は、服用を忘れないように食事をからめて飲むタイミングを設定したものとなっており食後服用でかまわないのですが、糖尿病の薬などのように、食事が薬の作用に影響を及ぼす薬では食事が大事になってきます。なかには、薬を食べる直前に飲む「食直前」という飲み方もありますのでご注意ください。
 また最近では、骨粗鬆症のお薬などは、朝起きてすぐの「起床時」に飲む薬があります。ほかにも、12時間ごと、とか、何時と何時、という時間を指定したものもありますので、その都度、医師や薬剤師の指示に従って服用してください。

 薬を飲み忘れてしまった場合、決められた服用時間からそれほど経ってない場合は気づいた時に飲んで下さい。大抵の薬は、1回くらい飲み忘れてもあまり問題はないのですが、中には、忘れたからといって2回分一緒に飲んでしまったり、あるいは1回の飲み忘れが治療に支障を及ぼす薬もありますのでご注意下さい。

 本来の薬の効き目である主作用と副作用は、からだに吸収された血液中の薬の濃度を示す血中濃度や、薬を体内で代謝や分解する酵素の影響によって左右されます。血中濃度とは、血液中に薬の有効成分がどの程度含まれているかを表しています。薬はどの程度の血中濃度で薬の作用を最大限に発揮するのか、どの程度の血中濃度で副作用が起こるのか確認された上で、飲み方や飲む量が決められています。

 「薬は匙加減」「薬も過ぎれば毒となる」「天井から目薬」など、薬にはいくつかことわざがあります。
薬をいつ、何錠、何回飲むのかという用法・用量は、お薬の効果を最大限に発揮できるよう考えられたものになっています。期待する効果が得られるよう、思わぬ副作用が起きないように、お薬の形や飲み方、1回量などが決められていますので、用法・用量など使い方を守り、正しい知識を身につけてお薬を飲むように心掛けて下さい。


◎ 著者プロフィール
氏名:森田 靖代(モリタ ヤスヨ)
所属:高知大学医学部 薬剤部
役職:薬剤師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る