前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

パーキンソン病について

 パーキンソン病の発症年齢の幅は広く、30-90歳位までですが、高知県の調査では65-70歳の間が最多でした。つまり、県内には約1,400人の患者さんがおいでることになります。
 年齢層別では75-84歳が多いですが、40歳以下の若い方もおいでます。

 この病気の運動症状の責任病巣は脳の黒質で、黒質から線条体に延びる神経が障害されることがわかっています。しかしながら、パーキンソン病と診断される時期の患者さんの頭部MRIに異常はありません。

 嗅覚低下、便秘、レム睡眠中に夢の中でパートナーを叩いたり蹴ったりするレム睡眠期行動異常がある場合は、後にパーキンソン病になる確率が高いといわれています。また、遺伝子異常をおもちの方は素因を持っていることになります。

 初発症状は3つです。
 指・足タップや肘から先を回内・回外するのが遅くなるのは「無動」です。
 筋肉が固くなる「筋強剛(きんきょうごう)」は、関節を動かした時の抵抗で判断します。
 「振戦(しんせん)」のなかで特徴的なのは、4-6Hzの周波数で、診察室に入ってきた直後ではなく、話が進んで会話に集中した時に手や足が震える安静時振戦です。症状が片側から始まることがほとんどで、数年以上かけて両側性になります。

 3つのなかの「無動」プラス「筋強剛または振戦」があり、片側からの発症であり、かつ薬物が有効であれば、診断確定です。
 ダットスキャンでは、正常な人よりは薬剤の取り込みが低く、最初に左側から症状が出現した場合、右脳の取り込みがより低くなります。
 診断の難しいときには、心臓に分布する神経の働きを調べる心筋シンチグラフィー、脳のどの部分の血流が低下しているかを調べる脳血流シンチグラフィーなどの検査を行うこともあります。

 パーキンソン病の診断がついても、全員の患者さんにすぐに薬物治療を始めるわけではありません。ヨガや太極拳、プールでの歩行、散歩などを行うと、運動機能がより長く維持されるという研究結果もあります。
 薬物治療なしで運動を行ってもらい、その後に少しずつ症状が進行して、患者さんが日常生活や仕事に支障を感じ始めるころに、相談のうえで薬物治療の開始を決定します。

 薬物治療を開始すると、1日に数回以内の服薬で症状が緩和されます。一般に、高齢者または認知機能障害がありそうな時にはL-ドパ製剤をお勧めします。いっぽう、若年者や比較的若い方で認知機能障害などがない時には、受容体賦活薬などをお勧めします。
 脳内では病気は少しずつ進行しますが、毎日の生活の中で進行を意識することはほとんどありません。平均して1年に1回程度、薬剤の増量が必要です。

 開始して平均10年は、大きな問題なく日常生活を送ることができます。人によっては3-5年経過したころから、内服後に時間が経過してから効果が出現したり、効果の減退が早くなる現象(オン・オフ現象)が起きたりします。
 ジスキネジアは体がねじれる様な不随意運動ですが、薬物濃度が高い時間に現れることもあれば、薬物効果が表れる前と減弱する時間に合わせて現れることもあります。これらを運動合併症と呼んでいます。
 寿命は長いのですが、病気の最後のほうでは車いすでの生活時間が長くなり、認知症を併発する確率が高くなります。抑うつやアパシー、疲労感を強く感じることの合併が多いことも知られています。

 日常生活での留意点としては、転んで骨折することと、食物がむせて気管にはいって肺炎を起こすことがないように、できる限りの注意が必要です。

 楽しみながら、歩行、水泳、ヨガ、太極拳などの運動をしましょう。大きな声を出す発声練習も大事です。
 家事、仕事は普通の人と同じように行うことが大切です。夜はよく休み、また規則正しく薬を服薬しましょう。旅行、海外旅行もOKです。
 病気のことを考えてくよくよせずに、配偶者や友人と楽しく過ごしましょう。


◎ 著者プロフィール
氏名:大﨑 康史(オオサキ ヤスシ)
所属:高知大学医学部附属病院 神経内科
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る