前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

臨床検査とは

 臨床とは、「病床に臨んで診療すること、患者に接して診察・治療を行うこと」をいいます。検査は、病気の診断、治療方針の選択、治療効果の判定などのために、患者の血液・尿などを採取したり、心電図などを測定したりして行う検査のことです。臨床検査とは、この臨床に欠くことのできない検査のことをいいます。

 臨床検査は2つに分けられます。
 検体検査:血液や尿、便など人の体から採取したものなどを検体とよびます。この検体を検査するのが検体検査です。
 生体検査:患者さんに直接器具をあてて行う検査です。患者さんの体から直接情報をとり、数値データや画像をとり、医師に提供します。例えば、心電図、超音波エコー検査などです。

 検査は、主に病院の検査室と検査センターで行われます。検査センターでは、適切に温度管理された検体を、医療機関からの依頼を受けて厳格な精度管理の下で検査を行い、医療機関に検査結果を届けます。

 国家資格を有する検査のプロ臨床検査技師が、これらの業務を担当します。臨床検査技師は、日頃から自己研鑽に努めています。各種勉強会の開催・参加、学会発表、研究、論文執筆、研修会参加などの学術活動も盛んに行われています。驚くことに医学博士取得者もいます。検査項目ごとに、厚生労働省の認可を受けた診断用の医薬品、測定機器を使用し、検査結果の確かさと品質と、患者さんの安全性を確保しています。

 結果は、問診、診察所見と併せて主治医が判断します。検査結果だけで判断することは、臨床検査の正しい使い方ではありません。よく主治医の先生と相談することが大事です。インターネットやテレビなどで、検査結果の解釈についていろいろな情報が溢れていますが、臨床検査の結果は自己判断できないことを理解しましょう。

 「臨床検査振興協議会」という団体があり、臨床検査の発展、国民や医療機関に臨床検査の大切さを一層理解してもらうための広報活動を目的に、11月11日を臨床検査の日と定めて多彩な活動を展開しています。
 臨床検査は医療のインフラ、確かな臨床検査が支える確かな医療。もう少しくわしく知りたい方は、臨床検査振興協議会のホームページ「みんなの臨床検査」で検索してみてください。


◎ 著者プロフィール
氏名:松村 敬久(マツムラ ヨシヒサ)
所属:高知大学医学部 病態情報診断学
役職:准教授

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る