前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

臨床試験について

 「臨床試験」とは、医師が主体となって患者さんを対象として行う試験のことで厚生労働省が認可している薬や治療法の中から最良のものを確立することを目的としています。がん患者さんを例に説明します。

 抗がん剤の臨床試験では、例えばAという抗がん剤の投与が手術後の再発を予防するのに有効かどうかを調べるためには、患者さんを、Aを投与するグループと投与しないグループとにわけて比較する必要があります。一般的には、製薬会社や医療機関とはまったく関係がない登録センターがコンピューターでランダムに振り分けます。患者さんや医師がどちらのグループにするかを決めることはできません。
 どうしてかというと、薬を投与するグループと投与しないグループは、薬の投与の有無以外の条件(年齢や性別)が均等に割り振られる必要があります。もし、医師が自分の判断で振り分けると、“がんが進行していて再発しそうだからこの人には薬を使わせてあげたい”といった考えが働く危険性があります。このような作為が働いたデータには偏りが出る危険性があり、科学的根拠としての信頼性が下がってしまいます。

 臨床試験は、これまでの治療法よりも優れた治療法を確立することを目指して実施されます。新しく考え出された治療法の方が、効果が高いことが多いのですが、理論上よいと思われていた治療法が実際にはそれほど効果がないという場合や、治療効果は同じでも副作用が強くでるということがわかることもあります。臨床試験を実施しないと、実際に有効なのか、安全性がどのくらいなのかがわからない治療法が漫然と行われることになります。

 現在の標準治療として行われている治療法は、過去の患者さんが臨床試験へ参加することによって確立されたものです。臨床試験へ参加することは、未来の患者さんがよりよい治療を受けられるようになるためですので、一種のボランティアともいえます。
 もし皆さんが担当医から臨床試験への参加を打診された場合、気が進まなければ参加を断っても全く問題ありませんし、臨床試験に参加していても途中で止めたくなったらいつでも中止することもできます。十分に納得した上で参加するようにして下さい。


◎ 著者プロフィール
氏名:岡本 健(オカモト ケン)
所属:高知大学医学部 医療管理学
役職:講師

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る