前のページに戻る

コラム -医療情報提供-

歯周病と全身疾患

 歯周病(歯槽膿漏)とは虫歯と並んで口の中の2大疾患の1つで、歯茎の炎症と歯を支える骨の破壊が起こる慢性の炎症性疾患です。軽症例も含めると成人の約80%が罹患していると言われています。

 歯周病の原因は歯垢や歯石に存在する細菌が作り出す毒素で、それらが歯茎に炎症を引き起こし、その結果、歯を支える骨が溶けます。歯周病の怖いところは、原因菌が口の中だけに留まらず、歯茎の血管に入って全身に回ってしまうことです。健康な人では免疫により菌は排除されますが、何かの病気を持っている人や高齢の人では免疫力が弱いため菌を排除できず菌が定着してしまいます。
 近年、その細菌が全身に起こる様々な疾患と関連していることがわかってきました。歯周病が誘因となる疾患としては、糖尿病、心臓病、脳卒中、早産(低体重児出産)などが挙げられます。

 日本糖尿病学会は、歯周病が糖尿病の合併症であるだけではなく、歯周病が糖尿病発症の危険因子であるという見解を発表しています。歯周病によって産生される炎症性物質がインスリンの働きを弱め、糖尿病を発症・悪化させます。さらに、糖尿病になると微小血管障害による局所の循環障害が起こるため免疫細胞が炎症箇所に運ばれにくくなり、歯周病が進行します。
 このように、歯周病と糖尿病とは切っても切れない関係にあり、事実、歯周病のある糖尿病患者さんの歯周病を治療すると糖尿病のコントロールの指標であるHbA1cの値が改善したという報告が多く出ており、糖尿病の治療において歯周病を治しておくということが非常に重要であることが分っています。

 歯周病は心臓病や脳卒中などの心臓血管系疾患とも関係があります。歯周病による炎症性物質は動脈の膜に侵入すると血管の細胞を障害して動脈硬化を引き起こすため血管が脆くなったり、歯周病菌自体が血管の膜にくっついて増殖した塊が剥がれて脳や心臓の血管に詰まってしまったりすることで、心臓病や脳卒中を引き起こします。
 さらに、母親の歯周病の炎症性物質が胎児の成長に影響を与え、早産を起こす危険があると報告されていますので、妊娠前からしっかりと歯周病を治しておくことが健康な赤ちゃんを産むためには大切です。

 このように、歯周病は様々な全身疾患と関連しており、口の健康は全身の健康に繋がりますので、この機会に一度歯科を受診することをお勧めします。


◎ 著者プロフィール
氏名:仙頭 慎哉(セントウ シンヤ)
所属:高知大学医学部 歯科口腔外科
役職:医員

「コラム -医療情報提供-」に戻る


診療科目一覧に戻る ページの最初に戻る